テーマ:グルメ

かごしまロケ地散策と鹿児島黒豚料理

今年の九州は異変です。7月中旬を過ぎても、梅雨前線が停滞しています。 次の山行(開聞岳・霧島山)の天気待ちで、今、鹿児島市内のホテルにいます。 気象庁が   「今までに経験したことのない大雨」なんて、すごい予報がでています。 泣く子と!天気にはかないません! じたばたしないで、鹿児島観光をじっく…
トラックバック:0
コメント:82

続きを読むread more

山形発:大蔵山蕎麦「最上わっせ」とサクランボ農園

蕎麦好き!東北好きの友人からがありました。 東京で山形発の美味しい蕎麦を味わえる店を見つけたと! 山形と聞くとすぐに反応してしまいます。 藤沢周平の時代小説:(海坂(うなさか)藩の舞台です。 友人が佐藤錦の発祥の地「東根市」でサクランボ農園を営んでいます。 三人がやってきた評判のお店は、東京・国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行列のできる店:「丸の内タニタ食堂」開店二ヶ月後の様子は!

話題のレシピ本「体脂肪計タニタの社員食堂」の発売から約2年!! 健康ブームを背景に累計470万部を突破しました。 料理本としては異例の大ヒットだったそうです。 そして、「社員以外でも食べられる場所を提供してほしい」という声に応え       「丸の内タニタ食堂」 が 東京・丸の内に1月11日にオープンしました.。 …
トラックバック:0
コメント:68

続きを読むread more

「大つけ麺博2011」とつけ麺元祖「川越:頑者ラーメン」

今、つけ麺が大人気です。浜松町で10/16まで「大つけ麺博2011」が開かれています。このつけ麺博の開催を知ったのは、残暑の中並んで食べた「つけ麺元祖」の川越「頑者ラーメン」がご縁でした。  行列のできる店:川越「頑者ラーメン」  9月のお彼岸前の残暑が残る日でした。 仕…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

行列のできる店:昼酒の聖地・赤羽「まるます家」

東京の路地裏は魅力があります。そこには昭和の佇まいと人情が残っています。今夜は「路地裏研究会」のKさんと「昭和の古典酒場」探訪に、北の外れ「赤羽」にやってきました。 都内有数の闇市として栄えた赤羽、今でも駅前の一番街やOK横町に当時の面影が残っており、朝な夜な呑兵衛たちの集まる酒場が密集しています。 …
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

そばの里:奥秩父の荒川亭

秩父市荒川地区は120余軒のそば生産農家があり「そばの里」で有名!秩父方面に来ると、JA秩父が経営するそば処あらかわ亭の暖簾をいつもくぐります。 店内は地元の材木を使った木目調の癒やされる空間です。手前に小上がりの座敷もあります。 石臼挽そばの手打ちで風味豊かな蕎麦をメインとした献立が並んでいます。この店の一番人気は一日20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷲宮:家族経営の店「のんきや」

鷲宮神社に続く商店街の中にあります。駐車場(7~8台)は留めにくいですが 満車の場合は商店街の駐車場も利用できます。 先ず店構えがB級感漂い昭和の良い味を出しています。 旦那さんが蕎麦をつくり奥さん等が接客を担当する典型的な家族経営の店です。 久喜・加須・羽生方面に来ると何故か必ずこのお店に足が向きま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more