テルマエ・ロマエⅡ草津温泉・皇居桜通り抜け

日本人は、温泉が大~好きです。

旅行のプロが投票する「にっぽんの温泉100選」で
注目の平成25年も、草津温泉が11年連続日本一に選ばれました。
   草津強し!11年連続日本一、二位は湯布院、三位は登別!
4位以下は、黒川→指宿→有馬→道後→下呂→別府→城崎

画像

そして、あの男(古代ローマ人)が再び日本に!草津温泉に!やってくるようです。

        ・旅の手帖     もう一度行きたい温泉    一位
       ・日本温泉協会  印象のよかった温泉     一位
       ・婦人画報     全国温泉番付東日本    一位
       ・日本経済新聞  家族と楽しめる露天風呂  一位
       ・旬刊旅行新聞  浴衣が似合う温泉      一位
 

多くの情報誌で草津温泉は、なぜ全国一にランクされるのでしょうか? 
今年は、その秘密を知る機会に、二回も恵まれました。(現場で確かめる!)

一回目の草津訪問
------------------------------
家族とのスキー旅行で!
------------------------------
年に一回の娘家族とのスキー旅行、
白根山の山麓に拡がる、草津国際スキー場にやってきました。
歴史は古く、日本で最初に民間用スキーリフトが架けられたスキー場です。

画像

スキーの後(アフタースキー)、草津には温泉の楽しみがあります。

恋の病以外は効かぬ病はないとの言い伝えがあるほど効用高い草津温泉!
その草津温泉の中心にある湯畑にやってきました。

草津のシンボル『湯畑』

日本三名泉(有馬・下呂)の1つである草津温泉!
自然湧出量は日本一を誇り毎分32,300リットル以上、
1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出しています!

その温泉街の中心に位置する、草津温泉のシンボルが湯畑です。
形は、大きな楕円型で、源泉のある北側から湯壺のある南側へ下っています。

画像

湯畑の周辺の足湯やお土産屋さんや飲食店が、観光客で賑わいをみせています。
正面の白い建物が、私たちが今夜お世話になる「一井」ホテルのようです。

画像

毎分4,000リットルもの湧き出したお湯を木製の樋を通して自然に冷まし、その底に沈殿する湯の花を採取する、沢山の木枠が並ぶ姿を「畑」と名付けられたそうです。

画像

幾つもの木樋を通ったお湯が最後に一箇所に集められ、ごうごうと滝となって流れ落ちる音と湯けむりはほんとうに圧巻です。


湯もみ会館「熱の湯」

草津よいとこ一度はおいで チョイナチョイナ~ ♪ と、
草津節の名調子にあわせ長板で湯をかき混ぜる湯もみショー!
湯もみショーが行われるのは、湯畑の前に立つ築40年の「熱の湯」です。

画像

湯もみショーは、午前と午後にそれぞれ3公演あります。
最終の16:30開始の湯もみショーにギリギリ間に合いました。
館内は、総木造りの和風建築で、まるで江戸時代の芝居小屋のようです。

画像

草津の源泉は51度以上もあり、水を使わず自然に温度を下げる方法として、「湯もみ」といわれる伝統的な風習が伝えられてきました。

昔は若かったお姐さん方が、情緒あふれる湯もみショーを始めました。
幅30cm、長さ180cmの長い板で湯をもみ、温度を下げ、湯を柔らかくします。

画像

この時、調子を取るため歌われるのが草津節です。

途中で、入場者の湯もみ体験ショーがあります。
孫(小5)が、手を上げましたが中学生以上ということでNGに、でもママ同伴でOKになり楽しそうに湯もみを体験しています。

画像

最後に体験者には、記念に小さな賞状がもらえました。

ショーの最後は、湯もみ板でお湯をバッシャバッシャと大きく跳ね上げます。館内から「おぉ~!!」って興奮の声があがりました。

画像

期待以上に楽しめ、温泉のようにホンワカと!いい思い出になりました。

館内に、変な映画の予告ポスターが貼られています。

   古代ローマ人が草津出没!

画像

ルシウス(阿部寛)が湯もみから飛び出るシーンではありませんか!
ポスターには、また、来っちゃったて!書かれています。
まさか!あの男が再び日本に帰ってくるのでは?

ホテル一井

湯暮れ時、湯畑の滝つぼの湯気が幻想的です。
湯煙の向こうに見える建物が、今夜泊まる「一井」さんで、湯畑が見下ろせるのが売りのホテルです。

画像

部屋は、10畳の和室で、5人には少し狭いようです。
遅く着いたので、女性陣はお湯の支度に大忙しで、孫がお茶を入れてくれました。茶菓子は、湯の花まんじゅうと、ごませんべいでした。

画像

5階の部屋から、湯畑が全面に見下ろせます。

画像

イルミーネーションでライトアップされた湯畑はロマンチックなムードに包まれ、脇の草津寺も階段がキャンドルサービスの明りで灯っていました。

日帰り温泉施設大滝乃湯

草津には、昔の湯治文化を現代に再現した日帰り温泉施設があります。
翌日は、スキーを早々に引き上げ、湯畑より徒歩5分ほどのところに古くからある町営浴場の「大滝の湯」にきました。使用済みのスキーリフト券で割引料金になります。

画像

那須温泉の鹿の湯のように、湯温の異なる木の浴槽がならび、低温から順に入る「合わせ湯」が人気です。

内部は撮影禁止なので画像はネットで借用しました。
画像

施設名の由来となった大きな湯滝のある露天風呂のほか、大浴場・サウナとお湯の宝庫で、広い無料休息所や食処もあり一日中楽しめます。


二回目の草津訪問
------------------------
仲間たちと草津に!
------------------------

極寒の二月、仲間とある目的(今は内緒!)のため群馬県にやってきました。
目的を終え、やってきたのは草津温泉の6つ(湯畑・万代白旗・地蔵・西の河原・煮川)の源泉の一つの「西の川原」源泉です。湯畑に次いで観光客が多く、湯川にそって幾つもの湯釜から源泉がブツブツと湧き出ています。

画像

この西の河原公園の一番奥にあるのが「西の河原露天風呂」です。
湯量が豊富な草津だからこそできる巨大な露天風呂で、男女別の露天風呂の総面積は500㎡(150坪)もあるそうです。

画像

お湯は深い緑色で、温度は湯船が広い割にはそれほどぬるくはなく、ちょうどよい湯加減です。周りの雪景色を見ながら長湯をします。
風呂は、貸切状態だったので、こっそりと写真撮影をしてしまいました。(すいません!)


  素泊まり宿で プチ自炊湯治  

憶えているでしょうか!昨年の秋に!
那須温泉郷の北温泉旅館で仲間と自炊でプチ湯治をやったことを!
山あいの宿の、江戸は安政時代築の趣のある部屋で、
男の素朴な手料理で自炊湯治をした一夜の思い出が忘れられず!

画像

草津でも自炊湯治の宿を探したら、ありました!ありました!

       素泊まりと自炊の宿 はなみずき ← クリック

以前は、普通の旅館でしたが、今は素泊まりの宿に!
案内された2Fの和室は、炬燵が温まり、おばあちゃんちに帰ったようです。
1Fの風呂は、木の香りがする檜風呂で、白く濁った湯畑源泉かけ流しの湯です。

画像

部屋は、TVは無料で、無線LANも使え、とても快適で清潔です。
1Fの台所には、鍋釜・フライパン・炊飯器に食器と調味料まで揃っています。
今夜のメインは鴨鍋!地元で仕入れた食材に自家菜園のネギをたっぷり入れます。

画像

翌朝は卵焼き、料理上手のYさんの半熟の焼き加減が何とも絶妙です。

フレンドリーな女将さんが、心配して台所を覗きにきてくれます。
やはり男性は料理も上手だわ!これが昔からの湯治の姿ね!と褒めてくれました。

画像

日本舞踊のお師匠さんをやっている女将さんは大変忙しい方です。
素泊まりの宿に変えてから、家族だけでも経営ができるようになりましたと!
銀行団も、厳しい旅館経営の再生モデルとして自炊宿に注目しているそうです。

無料の共同浴場

開湯以来、外湯めぐりのお客様を大切にしてきた草津温泉には無料の共同浴場が温泉街のあちこち設けられています。

画像

18か所におよぶ無料の共同浴場の中で、宿の近くの
地蔵の湯に入ってみましたが、極上の源泉掛け流し湯でした。

温泉博物館

有名な温泉地(別府・下呂・・・)には温泉博物館がありますが、草津にも宿の側に温泉博物館がありました。草津の歴史や温泉の効用を学べます。
江戸時代の湯もみシーンが等身大の人形を使ってリアルに再現されています。

画像

資料によれば、草津の泉質は酸性度と殺菌性が非常に高く、徳川将軍が何代にも渡って草津の湯を江戸城まで運ばせて入浴したほど、その効能は折り紙付きです。

テルマエ・ロマエⅡ 

4月26日(土)ロードショー決定!


ルシウスが(阿部寛)が湯もみショーに現れる場面や、湯畑を上戸彩と歩くシーンが、昨年5月に草津温泉で撮影が行われました。(読売オンライン)

画像

古代ローマの浴場と、現代日本の風呂をテーマとしたコメディイドラマ!
東宝映画から予告動画もアップされました。

>

一昨年、興行収入60億円のヒット作となった「テルマエ・ロマエ」の続編です。

前作のロケ地レポート
  テルマエ・ロマエのロケ地を訪ねて!東京の銭湯 (こちら


温泉ファンには、上映の日がとても楽しみです♪

草津温泉に行って感じたのは、有名ホテル・旅館が霞むほど、無料の共同浴場に、日帰り温泉、そして自炊の宿と、温泉施設の裾野が広いことです。開湯以来、外湯めぐりのお客様を大切にしてきた伝統が今でも脈々と受け継がれていました。

  ※草津全国一の感想は、江戸温泉番付で西日本一・二位の有馬と城崎を見るまでお預けです。


  速報:皇居の桜通り抜け   

スキー旅行に、雪見温泉旅と!時節外れのレポをのんびり書いていたら、一気に春がやってきて、あわてます!東京のサクラは満開が思ったより早く、この週末が最後の花見のようです。

画像

東京の三大花見といえば、上野公園・千鳥ケ淵に隅田公園ですが!今年は、皇居に、新しい花見スポットが増えたようです。

上野公園のサクラは!

昨夜は、しばらくぶりに都心に泊まりました。
都心泊まりの朝は決まって上野公園でラジオ体操をします。

画像

日本一広いラジオ体操会場ですが、花見の時期は一層と華やいで見えます。

皇居のサクラ通り抜け!

3/13 宮内庁が発表しました。
宮内庁は、天皇陛下の傘寿を記念した皇居の並木道「乾通り」の公開を、4月4~8日に行うと発表した。東京駅側の坂下門から日本武道館側の乾門までの約750メートルを、桜を楽しみながら通り抜けることができるよう開放すると発表!

発表文だけでは解りにくいのでMAPで説明します。
坂下門から乾門までの桜並木750mが開放になります。

皇居桜通り抜けの開放時間は

   期間  4月4日(金)~8日(火)
   時間  10:00 ~ 15:00

画像

初日の4日は5万4千人の来場者で早めに入場打ち切りだったようです。
明日6日は天候が不順のようで今日がチャンスです。皇居に8:50に着きました。

画像

考える事は皆さん一緒です。大変な人出になっています。
ひと・ヒト・人で、二重橋広場の方から津波のようにどんどん押し寄せてきます。

開門は、10時の予定ですが、30分早めに開門したようです。
警備が非常に厳重です、荷物検査があり、次いでボデーチェックもされます。

画像

皇宮警察でしょうか!宮内庁の職員でしょうか、鋭い視線で見つめられます。

10:10に、何とか、坂下門から皇居に入城しました。

画像

坂下門を入ると直ぐに宮内庁の建物があります。奥に宮中三殿の玄関も見えます。

画像

最初は、松が多かった並木も徐々に桜(主にソメイヨシノ)が増えてきました。
食べ歩きレポは得意ですが、お花のレポは慣れていないので戸惑います。

画像

両脇の森を覗くと、生態系が豊かそうな沼が見えます。きっとヤゴが生息して夏にはホタルが飛ぶんじゃないかと想像してしまいます。

画像

750m続く、乾通りには、桜と同じくらいのモミジの若葉も芽吹いています。きっと秋の紅葉も美しいと感じました。

画像

通り抜けの終着点、乾門を出たのが11:10でした。

乾門から、武道館のある北の丸公園を抜けて、東京桜三大名所の千鳥ケ淵に!お堀の水辺に映るサクラとボート遊びのコラボは、いつ見ても絵になる光景です。

画像

駆け足で花見レポ!をアップさせていただきました。先ほどテレビで、今日の皇居桜通り抜けは、9万1千人の来場者で午前中で入場打ち切りをしたと報道していました。

皇居の開放は、天皇・皇后両陛下のご発案だそうです。
普段入ることができない皇居で、観光地の桜とは違う美しさに触れました。
ありがとうございました。

冬の草津温泉に、春の東京花見と!
季節の異なる二つのレポートを、ご覧いただきありがとうございました。

ご縁は、大切にさせていただきます。