行列のできる店:築地の超人気すし店「寿司大」

東京築地といえば、全国から新鮮な魚が集まる世界最大の魚市場です。

今も昔も築地の「華」といえば日本一のネタをつかった極上寿司店です。
寿司店がひしめき合う築地にあって、
毎日客足が途絶えない極上寿司の名店があります。噂のランキングでは!

 ・一位 「寿司大」     職人の細かな仕事に感動!
 ・二位 「大和寿司」    大ぶりのネタに大満足
 ・三位 「魚河岸 鮨文」  150年以上続く江戸前寿司の老舗


この「極上寿司」の代表格:三大名店は、
いずれも築地市場(いわゆる場内)の「魚がし横丁」にあります。
市場で働く食のプロたちが、食事をする本物の店が軒を並べた商店街です。

画像

昨年の12月です。仕事の合間をぬって、
築地で一番の人気寿司店と言われている「寿司大」にやってきました。
寒い中、長蛇の行列ができていました。

画像

時間がなかったので別のお店(魚河岸千両)にしましたが、
いつかは築地一番の行列の秘密を探ってみたいと思っていました。


  築地場外市場 

日比谷線「築地駅二番口」を出て浜離宮方面に直進します。左手の「築地本願寺」を過ぎると「築地場外市場」の看板が見えてきました。
通りを隔てたビル群が「国立がんセンター」と「朝日新聞本社」です。
目指す「魚がし横丁」のある、築地市場(場内)は、この場外市場の先にあります。

画像画像

場外市場の表通りは、歩くのも支障になるほどいつも大混雑しています。
中華そばの「井上」、「ホルモン煮」で有名な「きつねや」の前は、行列の人・ひと・ヒトで歩道が塞がれています。

画像

場外市場は、築地の中で一般客が買い物や食事ができるエリアです。
一歩通りを入ると、鮮魚店が軒を並べますが、朝の早い築地では閑散としています。

画像

場外市場も、寿司店がひしめき合い、新しいスタイルの店もドンドン進出しています。
昨年12月に、場外市場で一番人気の「築地虎杖・魚河岸千両」で食べた「ひつぎ寿司」です。
海鮮ひつぎまぶし:2100円
画像

ワサビ醤油をまわしかけ、
最初は「海鮮丼」、次に「ウニご飯」、締めは「お茶漬け」でいただきました。
元祖「海鮮ひつぎまぶし」だけあって、なかなかの味でした。


 魚がし横丁 

目指す「魚がし横丁」のある東京都中央卸売市場築地市場にやって来ました。(いわゆる場内です)

朝の早い市場なので、今の時間は市場で働く人もまばらで、搬入車両・小車・配達作業車も静かです。
場内道路のほとんどは歩道ではなく「通路」です

画像

魚がし横丁は「魚河岸」というように路面はいつも濡れています。
汚れても気にならない服装で来るのが築地市場歩きの流儀ですが
仕事途中の私はスーツ姿です。一人だけ浮いています。

画像


 寿司大(すしだい) 

行列ができています。
今日はどれだけ並んでいても絶対に並ぼうと決めていました。
案の定、お店の前に18人、通路を挟んだ後ろに7人が待っています。

画像

時計は13時をすこし過ぎています。
この位の行列であれば、午後の所用15:00までに間に合いそうです。
日本橋の天丼「金子半之助」で長蛇の列を4時間並んのだに較べれば楽勝だと高をくくっていましたが!
後で、とんでもない甘かったことを知らされます。
でも、ちょっとしたハプニングが起こり・・・・・・・

画像

この路地が魚がし横丁の6号館商店街です、人気のとんかつ店「八千代」や大和寿司がありますが行列が他の店とは桁違いです。

画像画像

お店の方が時々でてきます。列の並びを教えたり、注文メニューを聞いてきます。
殆どの方が「旬魚おまかせ寿司セット」を注文します。
苦手なネタも聞かれます。

並ぶこと約一時間、前にはまだ7名の方が順番待ちです。
食べ終わったお客様がなかなか店から出てきません!回転が遅いです。

頭の中で、入店時間と出店時間を計算すると午後3時の約束に間に合いそうもありません

画像

あせります!!今回も途中リタイヤかと!
お店の人が出て来ました。
前に並んでいる7人の方に何か話しをしています。
一席だけ空いたので、一人の私に譲っていただけないでしょうかと!
7人(5人+2人)の方々が、どうぞ!どうぞ!と
悪くて躊躇している私の背中を押すように皆さんが拍手をしてくれました。

画像

思わぬ展開で、早めにお店に入ることができました。
店内はカウンター席で13席あります。真ん中に一席だけ空いていました。

入店後の第一声が
「大変お待たせして、スミマセンね~」と!暖かい声で迎えられます。
座るなり、いつものように「カメラ撮ってもよろしいでしょうか!」と聞くと
どうぞ!どうぞ!と、優しい笑顔が返ってきました。

席につくなり、目の前にガリが置かれます。
その後ろから女将さんがお茶とおしぼりを!少し経った後に!
「味噌汁」が運ばれます。魚のアラが入った、旨みの詰まった味噌汁です。

画像

お店は三人の若い板前さんと接客担当の女性二人です。
まるで一心太助が甦ったような気立ての良い男前の板前さん達です。

ネタを一つ一つ丁寧に握りながら、お客さんとコミュニケーションをとります。
右隣が海外のお客さんでしたが、英語を交えてネタを説明しています。

ネタ以上に、この居心地の良いホスピタリティー(おもてなしの心)がこのお店の人気の秘訣だと直ぐに解りました。

画像画像

いよいよ寿司がでてきます。
トップバッターはいきなり「大とろ」です。最初からの剛速球に驚かされます。
旨みと甘みが、口の中でとろけてきます。

画像

・ヒラメ
「岩塩とスダチ」かかっているので、そのままでお召し上がりくださいと!
塩気が身の甘みを引き出し、酸味が味を引き締め、美味しい仕事がされています。

画像

・金目鯛の昆布締め
・大間産のウニ巻き
・さわら
・ほっき貝


余りの美味しさに、食べるのに夢中になりカメラ撮影を忘れてしまいました。

・富山のしろえび
しろえびを一匹一匹丁寧に皮をむき、それを束ねて握ってありますが、
これはもう想像を絶するほど手間がかかった逸品です。

富山県にお住まいのブロ友のKeikoさんの

 「Keikoのときめき日記」 ← クリック

見ながら時々登場する富山湾の海の幸に涎(よだれ)を垂らしていました!

画像

立山連峰の雪解け水が流れ出る「富山湾」の近海で獲れたと白海老を、今、いただいています。
えび本来の甘みと旨みがダイレクトに伝わってきます!

・卵焼き
・巻物4種(タラコ胡瓜、鮪・・・・)


画像

・アジ(釣りアジ)
鹿児島の沖合いで釣ったアジだそうです。
言われて見ると、定置網で一気に捕獲したアジとは何かしら品格が違います。
程良い脂があり、身が引き締まっています。

画像

ネタにはそれぞれ産地の説明があります。
産地の山や海の情景を想像すると美味しさが増してきます。

画像

・江戸前の穴子
・赤身ヅケ

・・・と、ここまでがメニューですが、他のお店と違うここだけの嬉しいサービスがあります。
「以上で終了になりますが、他に一貫サービスで握らせて頂きます。」と!

勿論、追加注文は大好きなしめ鯖です。
それも日本海「能登半島」の沖合いで獲れた!極上の鯖です。
本当にほっぺたが落ちてしまいそうな旨さです。

画像

お店の空気を盛り上げている威勢がよくて気配りの大将です。
最初にカメラ撮影の断りを入れたのが縁で、親しく会話が弾みました。
最後は素敵な笑顔をカメラに見せてくれました。
ブログもOKだそうです。

画像

お腹も、心も、大満足して会計をします。昼飯にしては3,900円は弾みましたが!
最近は回転寿司、久しく本物にお会いしてないので「寿司大」のコストパフォーマンスの高さが解るのに時間がかかります。

遠い昔、給料が2万円に届かなかった時代、出張先の館山市(千葉県)の本物の寿司屋で3千円代の勘定が足りなくって恥をかいたことを!思い出しました。
目の前で板さんが会話をしながら握ってくれて旬魚のネタが40年前と同じの3千円台です。
それも世界の築地で!これで行列ができなかったら不思議な話です。

画像

参考に、時間の推移をカメラで記録しました。
 ・並び始め  13:00
 ・入店     14:04
 ・食べ終わり 14:43

画像

この日は、平日の雨日和でしたので行列は少なめで、思わぬラッキーも重なり、昨年からのリベンジをやっと遂げることができました。

平日で普段は2時間、混んで3時間待ちだそうです。
食べ終わって出てきた方は皆さん「並んでよかったねー」と口を揃えて言いいます。

並ぶのが苦にならない方、時間がたっぷりある方、
日本一のネタが集まる築地一番の寿司店の人気の秘密を確かめたい方
築地一ということは→(東京一)→(日本一)でしょうか?

是非一度この「寿司大」の大行列に並び、「寿司大ワールド」を味わってみてください
世界の築地、たくさんの外国人の観光スポットにもなっています。

ドイツにお住まいのブロ友の「黎明」さんに、またまた羨ましがれます。

 夜はよもすがら(ドイツ生活記&欧州旅行記) ← クリック   

日本の美味しい店を独り占めしてと!(笑い!)
帰国されたら、行列のできる店シリーズ店にご案内すると約束しています。
国際親善大使の地道な歩みにいつも頭が下がっています。
たくさんの行列の店の中でも、心(人情)+味で、ここかなと思いながらお店を後にしました。

 築地市場の歴史と今後? 


築地市場は、江戸時代は松平定信公庭園跡で、明治維新後は海軍用地であった場所です。関東大震災後に、日本橋にあった魚市場が移転して今日の世界最大の魚市場となりました。
昭和初期の築地 東京都HPより
画像

魚がし横丁の脇に「魚河岸水神社」があります。
家康公の江戸入府とともに佃村(大阪)の魚師たちが建立したものです。

今、築地市場は移転でゆれていますが、
江戸時代から続いた「魚河岸」の伝統が脈々と受け継がれています。
「一心太助」のような心意気の通った板前さんがいる限り、いつまでも世界の築地は健在でしょう!!

 お店データ寿司大(すしだい) 

 TEL 03-3547-6797
 住所 東京都中央区築地5-2-1 築地卸売市場6号館
 交通 日比谷線築地駅2番出口から中央卸市場方面へ徒歩10分
  営業 5:00~14:00(朝食営業、ランチ営業)
 定休 日曜・祝日・不定休(築地市場に準ずる)



お忙しい中、行列のできる店シリーズ最後までご覧いただきありがとうございます。
この、ご縁は大切にさせていただきます。




この記事へのコメント

2012年06月10日 19:54
念願のお寿司屋さんに入れてよかったですね。
遠いので行くことはないと思いますので、ここで食べたつもりで拝見しました。長い時間待ったかいがありました。お店の人も良く、いい雰囲気で写真まで撮らしてもらって、言うことなしですね。
機会があったら行ってみたくなりましたが、こんなに待てるかどうかわかりません。
すばらしい記事でした。ありがとうございます。
2012年06月10日 20:04
ブログ紹介してくださってありがとうございますm(__)m

築地は一度は訪れてみたいところです。
長い時間待たれた後の
美味しいお寿司は食べ応えがありましたでしょうね。
お店の方々の応対もとてもいい感じですね。

やっぱり店員さんの態度の良さも
美味しく感じられるための一品にはいりますよね。


2012年06月10日 22:13
まず最初にお断りなしにブログをお借りしたことごめんなさい。
昔、都心にいた頃よく場内でイワシを買いました。
場内に食堂があるなんて知りませんでした。
場内はサッと買い物して場外で肉など買って銀座まで歩いたものでした。
築地を引っ越ししたら寂しいですね。
一度、寿司大さんで食べたいものです。
2012年06月10日 22:30
今晩は。
築地の外国人見学がテレビで話題になりましたね。其処の中の美味しい食堂が紹介されていた番組では涎を垂らさんばかりに見ていましたよ^^。行列の出来る店「寿司大」での様子実況中継風で楽しく拝見しました。ネタがさすが新鮮そのものでしかも極上と言う事が写真からも窺えて羨ましくてたまりませんよ。大阪中央卸売り場にお勤めのご主人を持つ友達がいまして現役時代は新鮮なお魚のお裾分けにあずかりましたが・・・定年退職されてからは残念な思いをしています^^。特に河豚の味が忘れられません。
2012年06月10日 22:54
こんばんは。
さすが日本一の築地の御寿司は美味しそうです!!
並んでも食べたくなりますね。
産地が書いてあるのが良いです。
広島あたりではタイ、タコ、アナゴ、トリガイ、アジ、ナマコもありますが、私の好きなのは「シャコ」です。
2012年06月10日 22:59
今回も期待を裏切らない清兵衛さんのブログです。お寿司大好きです。嫌いな日本人がいるかな~と思いました。でも並ぶの嫌いな人はいるかもしれませんね。おもてなしの心がいっぱいの「寿司大」絶対に女子会or夫婦で行きたいと思いました。どのネタも美味しそうでゴックンでした~~!
2012年06月10日 23:15
出ました!築地場内の寿司屋さん。
大トロに圧倒され、しめ鯖にKO。
初めて見ました。遠い憧れのまま、
よく知らずに過ごして来たところです。
勤め始めた頃、職場のお偉方が
よく食べに行くと聞いて、別の世界の
話のような気がしたのを覚えてます。
でも、お店の方の笑顔を見せて戴いて、
急に親近感がわいてきました。
本当にいいお店ですね。有難うございました。
2012年06月10日 23:21
 海鮮ひつぎまぶし、美味しそうですね。すし屋でこのメニュウあったら、必ず注文すると思います。やはり江戸前は、キップ息の良さが、命かな。北海道では、ホッキ貝・馬糞うに・ホタテ・るいべ(鮭の凍らせたもの)などのネタが、中心になると思います。北海道の海鮮類もよろしくお願いしますね。
2012年06月11日 05:36
おはようございます!
といってもこちらはまだ10日の夜で・・・ちょっと前に晩ご飯を食べたばかりというのに、この写真でまた・・・
う~ん、清兵衛さん、日本のおいしいもの独り占めしてずるい~~~!!!(笑)

いや、さすが世界の築地ですね。
お寿司は高いものと思っているので、どうも敷居が高かったですが、これだけの質、量(、男前の板前さん)ですもの、当然ですよね。
え?!清兵衛さん、ブログで公言しちゃって大丈夫ですかぁ?おしかけちゃいますよ~~~(笑)
いや、マジで次の帰国はいつにしようかと。。。
もう、築地でも赤羽でも、どこにでもついていきますから~!・・・ってかけおちじゃないんだから。。。(すみません、ネが関西なもんで)

それから・・・私の拙いブログを紹介してくださって、本当にありがとうございます。ちょっと照れてます。
今夜は男前の板前さんにお寿司をにぎってもらう夢を見そう。。。あら、お隣にいらっしゃるのは、これまた男前の清兵衛さんではありませんか。
・・・・・さて、締めはなんにしようかしら。。。
2012年06月11日 10:50
あの寿司大さんに行かれたんですね!いつも行列ができているので短気の関西人としてはついよその店に行ってました…。
でも並ぶだけあって,ネタがおいしそうですね!サバなんて脂がよく乗っていて甘そうです。
ブログに触発されて,また築地に行ってみたくなりました。
2012年06月11日 10:57
こんにちは

築地一のお店は
世界一のお店なんですね
焼津でも築地の名前は
昔からお馴染み
さすがですね
2012年06月11日 20:42
こんばんは。
築地の様子みますと、活気があって景気上向き?と思ってしまいます。関西はそれほど活気は無いのです。日本の台所だけあって美味しい物だらけですね。

以前伝えたかった姉の野菜ですが、「リーキ」と言う白ネギ洋食使用で、今の日本はほとんど輸入に頼っている野菜だそうです。これを岡山県ブランド有機で作る人募集され、それに乗ったようです。
2012年06月11日 21:33
長崎は肴処なので寿司は新鮮なものが
いっぱいあります。
それにも劣らぬ美味しそうな寿司ですねぇ。
さすがにたかいですねぇ。

こちらで美味しいと評判の寿司屋さんに
いったら 身が厚く上に 凸型に身が長い
ので驚きましたよ。
佐世保市の柚木町の寿司屋さんでしたぁ。
行列は出来ていませ~ん ♪ 
2012年06月11日 23:44
こんばんは。
築地には年に1,2度寿司を食べる目的で出掛けます。20数年ずっと同じ、場外の列ができる店に行っています。一度寿司大に行ってみたのですが長い長い列を見ただけで諦めました。今後もあの列に並ぶ気力・体力はないと思いますがお写真でも十分楽しめました。
夫と息子は「井上」のそばを半分ずつ食べてから鮨屋に向かいます。どうしても少しでもあのそばが食べたいらしいです(笑)
2012年06月12日 07:37
「はるる」さん、ありがとうございます。
えぇー今回やっと食べることができました。
一時は、また断念と!でも思わぬハプニングで
前の皆さんが快く譲ってくださいましたので、並んでいる同士が不思議な連帯感が生まれます。
2012年06月12日 07:43
「keiko」さん、ありがとうございます。
立山連峰の雪解けの水が日本海と交じる富山湾で獲れた白海老の味は極上でしたよ!
ネタの美味しさもありますが、このお店の人気はkeikoさんの言われるように温かいおもてなしの心だと感じました。
2012年06月12日 07:50
「ハッピー」さん、ありがとうございます。
霧降高原の蕗調理を紹介していただき嬉しいです。
ハッピーさんも、築地よく行かれたんですね!
場内は、結構判り難いです。
一般客が食べれる場所は、場外にはかないませんが「魚がし横丁」はプロ好みの飲食店があります。
朝早くから築地で働く人でにぎわっています。
2012年06月12日 07:55
「のろばあさん」、ありがとうございます。
極上の寿司ネタは写真以上に素晴らしかったです。
すいません、お見せするだけで!
近ければお裾分けしたいです。(笑い!)
市場にお勤めの友人がいれば最高ですね!
2012年06月12日 08:25
「ひぐらし」さん、ありがとうございます。
日本人は寿司食いねぇ~ですから!
一番ご馳走です。それも築地のNO.1店!
ず~と気になっていました。噂は本物でした。
「ひぐらし」さん、女子会お奨めですよ!
板さんが、すごく感じよく会話が弾みますよ
2012年06月12日 08:35
「yasuhiko」さん、ありがとうございます。
ホント!大トロに驚愕して途中メロメロ、最後はシメサバでノックダウンです。(笑い!)
板さんの笑顔がいいでしょう!
何回も訪問しているような、そんな感じをさせてくれます。
2012年06月12日 08:49
「藍上雄」さん、ありがとうございます。
海鮮ひつぎまぶしも、なかなかでしたよ!
ウニとイクラを混ぜ合わせると全体に旨味が増します。残りをお茶漬けでいただきましたが
寿司の新しい食べ方!面白いですね!
藍上雄さん、ウニとイクラは多分北海道産ですよ!
礼文島で食べたウニの味は別格でした。
2012年06月12日 09:13
「黎明」さん、ありがとうございます。
またまた美味しい店独り占めして、黎明さんの「うぉ~」「うぉ~」って声がきこえそうです。(笑い!)
欧米では日本食材や日本料理店が普通になっても
行列のできる店は別格ですものね!帰郷心までくすぐってしまって!ごめんなさい
江戸っ子だってねぇ~寿司食いねェ~
写真のように、本当に粋でキップのいい板さんがお待ちかねですよ(笑い!)
2012年06月12日 10:18
寿司大さんは、メディアでも度々登場しますし、最近も見ました。
一度は行ってみたいですね~。
そういえば、築地の移転問題はどうなったのでしょうか?
2012年06月12日 10:31
おはようございます。
先日はコメントありがとうございました。

何とも活きの良いお寿司、生唾が出てきてしまいます。
築地へは2度ほど訪ねていますが、このような美味しい処があるとは存じませんでした。
こちらでは到底味わえないネタです!

清兵衛さん、待った甲斐がありましたね♪
ごちそうさま!
クロゼット☆ライター
2012年06月12日 14:57
羨ましいです。確かな評判、状況の折にはぜひ。
並ぶのもすごいですね。こんなに素晴らしいお店があるのですか!楽しそうです。
2012年06月12日 17:56
ワオ~ッ、美味しそう♪
1時間ならんでも食べたいー(^O^)/
3時間ならぶのは無理かなぁ・・
2012年06月12日 18:59
この時間(質素な我が家の夕食前に)、清兵衛さんのブログに来たのが運の尽き?(!__)?
いえいえ、1時間も待てない、ランチの上限は千円と逼迫している我が家では、経験できない日本一を見せていただきました (*^-^)なるほど♪
2012年06月12日 19:50
美味しそうですね~
生魚は苦手なのですが、お寿司は大好きです。
主人は魚さえあれが幸せな人なので、ぜひ行って見たいと思います(~_~)
2012年06月12日 20:20
こんばんは。
築地東京に住んでいるのにまだ行ったことがないんです友達とも一度は行こうよと言っていたのに未だ実現せず。。。
でも清兵衛さんのこの記事拝見したらやっぱり行きたい♪とつくづく思いました~。
おすし・・とんでもなくおいしそうですね!
長い時間寒い中、並んだかいがありましたね♪
お店の雰囲気も怖くなさそうだし(笑)大将の爽やかな笑顔がとてもイイですね!
年内に行けますように
2012年06月12日 21:50
清兵衛さん、こんばんは。
築地市場の凄まじいばかりの情報、圧倒され
ながら見せていただきました。
「寿司大」さんの雰囲気とお寿司の活きの良
さ美味しさが生き生きと伝わってきます。
食べたい!の思いが抑えきれません。
絶対に行くぞ!(笑)
ええ、「寿司大ワールド」を味わってみ
ますね。清兵衛さん、ラッキーでしたね。
お値段は少し高めでしたけどね!
それにしても清兵衛さんのレポートは
凄いです!!
2012年06月13日 05:48
おはようございます♪
上京したら一度は築地市場に行ってみたいと
思っていますが、なかなか夢は実現せず...
清兵衛さんのブログを見て、ますます行って
みたくなりましたぁ~。(^^)/

2012年06月13日 07:44
たしか日本橋の天丼「金子半之助」の時は講演会か何かとダブルブッキングだったんですよね。あの時の天丼も凄まじかったなぁ。今日のお店も勉強になります。さて,天麩羅にするか寿司にするか。
2012年06月13日 09:21
「金熊」さん、ありがとうございます。
関西に帰られる前に記事アップすればよかったですね!
でも、Jr連れではこちらは厳しいです。(笑い!)
脂身の乗ったシメサバは最高でした。
関西グルメねた楽しみにしていますよ
2012年06月13日 09:25
「無門」さん、ありがとうございます。
焼津は遠洋漁業の基地港ですよね!
魚のトロ箱でよく見ます。
築地以上に美味しそうな名店がありそうですね!
2012年06月13日 09:33
「miyo」さん、ありがとうございます。
首都圏も人気店だけですね、
どこの商店街も人通りが少なくなっています。
野菜も価格で外国産にやられていますが
新鮮+安全+美味しさをアピールできれば国産ブランド造りは成功すると思います。
この寿司大のように3,900円でも価値のわかる人は集まってくれます。
お姉さま頑張っていますね!
2012年06月13日 09:42
「ログの大好きな徳さん」ありがとうございます。
長崎・佐世保といったら魚港の街ですから
築地以上のCP度の高い良いお店が一杯ありそうです。
長崎・佐世保のトロ箱見かけます。
玄界灘の荒波にもまれた新鮮な魚美味しいでしょうね!
2012年06月13日 09:46
「うずら」さん、ありがとうございます。
20年通われているって、築地のことよ~くご存知ですね!
場外市場を通ると、「中華そばの井上」はいつも気になっています。
今度、行列のできる店シリーズで井上をレポしたくなりました。
2012年06月13日 09:51
「ゆなママ」さん、ありがとうございます。
色々なメディに取り上げられ寿司大は築地の顔になってしまいましたから並ぶのも手ごわいです。
でも人気&高級有名店にありがちな高ぶったところが一切ないので庶民感覚で応援したくなります。
築地の移転問題は都議会の勢力図で迷走していますがどうなるでしょうか?
2012年06月13日 09:57
「ハーモニー」さん、ありがとうございます。
今回リベンジですから、何としても食べなくてはと食い物の執念は凄いです(笑い!)
応援してくれて感謝です!
築地行かれているんですね、移転して綺麗なビル街になったら風情なくなりますね
2012年06月13日 10:05
「クロゼットライター」さん、ありがとうございます。
今は、口コミサイトで集客が左右される時代ですから、人気店でハズレは少なくなりましたね!
行列の店って味だけでなく接客も含めての総合評価ですからお店も厳しいですね!
高級寿司店だとお客が気を使う店がありますが、寿司大は全然違います。一番になる差はホスピタリーなんでしょうね!
2012年06月13日 10:11
「みっちゃん」ありがとうございます。
すいません返信おそくなりまして!
やっと念願達成しました。
最後までご覧いただき嬉しいです。
瀬戸内海の新鮮な魚貝ネタも最高でしょうね!
シャコとトリガイもいいですね!
あぁ~食べてみたくなりました。
2012年06月13日 10:16
「みかん」さん、ありがとうございます。
並ぶの大変ですから
今回は一人で行ったのが正解で一気に7人のゴボウ抜きができました。ラッキーで一時間待ちですみました。
意外とカウウター席のお店って一人行き作戦いいかもしれませんね!
2012年06月13日 21:24
「メロンパン」さん、ありがとうございます。
夕食前でしたか!運の尽きでしたね(笑い!)
同じくランチは1,000円以内ですが
回転寿司に馴れてしまって価格の感覚がボケてましたが、ネタ以上におもてなしの真心を考えたら
こちらはチョット別格でした。
2012年06月13日 21:30
「とわ」さん、ありがとうございます。
お魚好きなご主人とぜひおでかけになって!
ガラムちゃんお留守番で!
狙い目は、朝が強ければ始発電車で開店一番(5:00)
前日から近所のホテルでスタンバイしている人がいるそうです。
2012年06月13日 21:36
「桜子」さん、ありがとうございます。
近くにお住まいでも、いつでも行けると思うと意外にいけないものですね!
寿司のネタ以上に板さんが実に気持ちが良くて女子会の方は絶対気に入りますよ!
でも行列覚悟ですが(トホホ!)
2012年06月13日 21:45
「いつもばらいろ」さん、ありがとうございます。
詳しいレポートってお褒めいただき嬉しいです。
食べ物になると目のない、ただの食いしん坊ですが!
ネタの産地や獲り方まで説明して板さんが目の前で愛情をこめて握ってくれます。
お一人でいかれるのがいいです。
席の空き具合でラッキーがあるかもしれません
2012年06月13日 21:50
「えのもと」さん、ありがとうございます。
築地目当てに上京する人もいるようです。
寿司大には近くのホテルで前日泊まり、朝5:00の開店前に並ぶと一時間以内で入れるようです。
秋田は酒田とか美味しい寿司屋さんがありそうですね!
2012年06月13日 21:53
「まりりんまんしょん」さん、ありがとうございます。
日本橋の「金子半之助」憶えてくださったんですね!
あの時も熱かったですが、ここの板さんはヤバイです。一度行ったら惚れ込んじゃいます。
でも悩みますね!寿司か天丼か(笑い!)
2012年06月13日 22:45
何と!偶然です今夜、我が家の夕食は「お寿司」でした。食べた後、清兵衛さんのブログを拝見しましたお腹がいっぱいなのに「白エビ」のにぎり美味しそ~~~食べた~~~い エビ大好物なんですアッ!お寿司と言っても我が家は「小僧寿し」ですが 長野県へ越して来て以来、関西人の私達が恋しいのは「バッテラ」です。美味しい「バッテラとエビの押し寿司、それから穴子の押し寿司」が食べたいよ~~~。でもなかなか長野では売っていません かろうじて「小僧寿し」でバッテラが売っている事を教えてもらいました。所で清兵衛さん!奈良県の、柿の葉で包んだ「柿の葉すし」や「ゐざさすし」ご存じですか?お江戸の極上寿司にに負けないぐらい超お勧めですよ
2012年06月13日 23:05
念願かなって良かったですね。
写真見ているだけで涎が出そうです。
ネタも大きそうに見えます。
読んでいて「寿司大」さんに行列が出来るのが分かりました。
でも何時間も並ぶ余裕はないなぁ~
お腹が待ってくれそうもないです。
清兵衛さんの取材力はいつもながらすばらしいです。
2012年06月14日 20:44
こんばんわ~♪
さすが、築地ですね~。
行きたいと思いながら、いつになるやら~。

良かったですね~。順番を譲ってくれて~。
こんな時ってほんと、嬉しいですよね~。

でも、まめで関心します~。根性ありです~。
待つのって結構疲れるんですよね~。

大トロ…おいしそう~♪
大好きなんですよ~。
先日、嫁にさっと、トロを取ってあげたら、即、おいしいです~って!
築地とは比較になりませんが~。

でも嬉しいですよね。お任せのお寿司セット・・・3900円でしたら、結構無理なく行けそうですよね。

お安くはないけれど、おいしさの事を考えると、手ごろですよね~。
板前さんの自信=サービスですよね~。

これが、予約とかあれば、もっとお高くなるだろうし、
やっぱり並んでも食べたいという、お客様を大事にしてあるんですよね~。

行きたいですね~一言・アリガトhdeco%}
お疲れさまでした。。{%

2012年06月14日 21:03
こんばんは。
よく報道で築地市場の移転の話は聞きますが
さすが行列の出来る店美味しそう、行きたくても
遠くて行けそうにも無いですし、清兵衛さんの
素敵なレポートで我慢します。
御店の方の感じが良いのが最高ですね。
2012年06月14日 21:50
築地は年末に友人と行きましたが、大混雑で目を丸くして帰ってきました。お寿司もレポート外のお店でした。とっても美味しかったです。早めに入ったのですが食べ終わったころは行列でした。
清兵衛さんの綿密なレポートは素晴らしいですね。
美味しそうなお写真見ていたら行きたくなりました。
2012年06月15日 09:10
テレビのニュースで見ると
見逃してしまうことが多いのですが
清兵衛さんのリポートは
ヒジョウに分かりやすいですね。
ネタのアップはもちろん、大将の笑顔まで。
経過時間もわかって至れり尽くせりです
2012年06月15日 22:28
素晴らしい!の一声です。この時は飲まなかったんですか? 仕事の予定があるから、我慢ですか? 美味しいネタがあると、ビールでも飲みたいですね!
2012年06月16日 10:04
「ぷーまま」さん、ありがとうございます。
返信遅くなってすいません
関西とは寿司文化違いますよね!
柿の葉寿司いただきましたよ!鯖の熟成した味が何とも言葉に出ない美味しさでした。
殺菌作用のある柿の葉を使って、昔の人の知恵には驚かれます。
2012年06月16日 10:09
「かっちゃん」ありがとうございます。
返信コメント遅れてすいません!
今回も並びましたがラッキーがあって助かりました。
最近、並ぶことが目的になっちゃりしてやばい現象です。(笑い!)
取材したくなるキップの良い板さんでした。
2012年06月16日 10:16
「夕顔とひまわり」さん、ありがとうございます。
返信コメント遅れてすいません
並ぶ根性褒められて、なにより嬉しいです。
仲間からは単なる食いしん坊と誤解されてますので!
美味しさを求めて地の涯までもです。
大とろが寿司の華ですね!
嫁さんと大とろで睦まじく微笑ましいです。
2012年06月16日 10:20
「はるわか」さん、ありがとうございます。
返信コメント遅れてすいません
TVで築地の活気に溢れた様子が出ますが
市場の朝は早く5:00から開店で大行列ができてるそうです。
市場で働くプロの食通が一押しの店ですので
「百閒は一食に如かず」で確かめてきました。噂通りでしたよ!
2012年06月16日 10:28
「南十字星」ありがとうございます。
返信コメント遅れてすいません
東京暮しの経験をお持ちの南十字星さんには魚がし横丁って聞いただけで食材の宝庫!の連想なさっていると思います。
職人さんのきめ細かな仕事と応対の温かさに感動しました。
2012年06月16日 10:32
「asukun」さん、ありがとうございます。
返信コメント遅くなりすいません
いいお店に出会うと、つい熱が入り仕事以上に夢中な取材をしてしまいます。(笑い!)
大正の笑顔素晴らしいでしょう!包丁さばきも会話も愛情がこもっていました。
2012年06月16日 10:48
「ヤンハー」さん、ありがとうございます。
返信コメント遅くなりすいません
寿司ネタを肴に一杯は至福の時間ですが
後ろに待っている方を考えると殆どの方がお茶でした。皆さん優しいですね!
2012年06月17日 09:07
うわ~。美味しそう・・・
でも1時間も並ぶんですね。でも十分に並ぶ価値がありますよね。
行ってみた~いです。
2012年06月17日 21:04
「TonTon」さん、ありがとうございます。
美味しいお店なら並びます。
並ぶ辛さより、期待のほうが大きいです。
並んでいると結構ドラマもあります。
スマホ!とかで時間もつぶせますから!
ぴちょん
2012年06月19日 19:57
先日は、ブログにお越しいただき、
ありがとうございました。

釧路も魚が新鮮ですが、本場の江戸前のお寿司を
食べたくて、早朝に行って参りました。
釧路にも、色々なお寿司屋さんがありますが、
全国の色々な魚を丁寧な仕事で食べられるのは、
築地ならではと思いました。
とても、美味しかったです。
2012年06月21日 04:26
おはようございます。
コメントいただきありがとうございました!
築地は仕事でよく通りますが一度も寄ったことがないんです。今度家族で行ってみたいです。
昨日の記事も読ませていただきましたが丁寧な作業をなされますね!ボクは今年メロン全滅なのでとっても羨ましいです。。。
2012年06月21日 13:18
「ぴちょん」さん、ありがとうございます。
返信おそくなりすいません
北の魚場「釧路」は魚の意気が違います!
築地は全国の味が集まりますが
漁船が寄港する市場には勝てませんよ
お立ち寄り嬉しいです。
2012年06月21日 13:23
「まときち」さん、ありがとうございます。
近くにいても、混んでいると敬遠して意外と行ってないものですね!
菜園シリーズに訪問いただき嬉しいです。
菜園の他に、行列のできる店の探求をしているんですよ!
メロン難しそうです。大雨に打たれたので病気が発生しているようです。
2012年06月21日 19:37
築地へは良く行きますが、
お寿司を食べるのを目的で行くので、
途中の井上の中華そば「美味しいそうだな」
と横目でチラリと眺めながら、
次のモツ煮も「旨そうだ!」とゴックン
場外の場合は寿司清で、
場内へ行く場合はやはり長蛇の列を覚悟で、
やはり、並ぶだけの価値はありますね!
2012年06月21日 23:05
「ロコ」さん、ありがとうございます。
そうなんです。
場外市場の表通りを歩くと
中華そばの「井上」大行列で歩道まで人・ひと・ヒトが溢れています。
気になります。今度レポートしますからね(笑い!)
2012年06月22日 20:28
ブログに訪問いただきましてありがとうございました。
当方のブログは 遅いレコメな上、来客がありバタバタしていたもので 訪問が遅くなりました。
最新のブログにコメント入れようとしましたが 入れられなかったので 一度戻ってしまいましたが 再度来てみましたら コチラは大丈夫かな?・・と。^-^

築地、懐かしいです。
関東生活、結構長かったので。。

お野菜のことも 目から鱗なことがたくさん書かれていて 素晴らしいですね!
また覗かせてください。
訪問しやすいように ブックマークさせていただきました。事後報告ですみません。よろしくお願いいたします。
2012年06月23日 09:58
こんにちは♪
築地の寿司店、テレビで良く見ます(^^ゞ
どれも美味しそうですが「白海老」に心魅かれました♡
店の雰囲気もいいし並んでいた皆さんもいいですね~拍手でどうぞ!ナイスです(*^^)v

話かわりますが、先日テレビで日本橋の「金子半之助」見ましたよ♪
美味しそうな天丼があの値段!
私も並んで食べたいと思いました♡
2012年06月23日 11:27
「ゆずぽん」さん、ありがとうございます。
すいませんコメント欄を閉じていて!
地獄釜で採れたて野菜の調理うらやましい環境ですね
時々訪問させていただきますね!
2012年06月23日 11:35
「せんこ」さん、ありがとうございます。
並んでいる同士って会話も弾み不思議な連帯感がでてきます。拍手には温かい気持ちになりました。
そうそう、金子半之助行列は収まっていましたよ!
タニタの食堂は、まだまだ混雑していましたが
2012年06月23日 16:02
以前行列が出来る前に頂いたことがあります。そばに吉野屋さんの本当の本店がありますよね。
ちょうど倒産する前の息子さんが案内してくれました。
美味しかったのはいうまでもありません。いまではこんなに行列が・・?
2012年06月27日 19:53
「ベランダ農夫」さん、ありがとうございます。
返信おそくなりしません
吉野家の本店は築地なんですね!
ビックリしました。
新鮮な食材が調達できるからでしょうか
寿司大の昔を知っていられる!
今の興隆に驚かれるでしょう、お客様のため一生懸命頑張られたんでしょう
2012年06月29日 08:51
おはようございます♪
山形発「最上わっせ」の記事では、当店まで
ご紹介頂き本当にありがとうございます。<(_ _)>
今後とも宜しくお願いいたします♪
2012年06月30日 04:47
「えのもと」さん、ありがとうございます。
鳥海山に登山したときの水の美味しさを憶えています。
羽後町は山麓でしょうか!
山菜の記事も結構楽しみにしています。

この記事へのトラックバック