清兵衛のモバイル生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 百名山:槍ヶ岳〜笠ケ岳縦走(後半)遭難一歩手前!

<<   作成日時 : 2012/10/12 00:07   >>

ナイス ブログ気持玉 418 / トラックバック 0 / コメント 141

天気は快晴!対面の山稜には明日登る「百名山84座目:笠ケ岳」がはっきり見えます。居心地のよい槍ヶ岳山荘で余分な時間を過ごしました。これから今夜の宿「双六小屋」に向け西鎌尾根の急坂を右手に下ります。小屋には少し遅れますが15:50には着くはずです。

画像

槍ヶ岳山荘 12:00発
やせ尾根の続く厳しいコースの西鎌尾根!日本初の登山家「加藤文太郎」が遭難死した北鎌尾根ほどではありませんが、難所のの連続する尾根沿いを足元に注意しながら慎重に下ります。

画像

13:00
緊張する厳しい痩せ尾根歩きも千丈乗越を過ぎると、幾分ゆるやかになりました。
山では行き会う登山者同士でコースタイムの確認を行います。
「後、槍までどの位ですか?」(三人男性組)「1:50程ですよ!」(私)
「双六小屋までの時間は!」「双六までおよそ4:30かな!頑張って!」

山の地図
岳人にとって道先案内の山岳地図は、山と高原地図(昭文社)を殆どの方が使っています。今回は紙の地図(950円)ではなくipodに電子地図(450円)をいれてきました。頭の中にはコース距離と時間がインプットされています。

画像

槍ヶ岳山荘 → (1:00) → 千丈乗越 → (2:30)  → 樅沢岳 → (0:20) → 双六小屋 =合計3:50


コースタイムでは「千丈乗越〜双六小屋」は2:50ですが、4:30と言っていました!

異変に気がついたのは、この時からです。

でも、「山と高原地図」は山岳地図の名門中の名門です!・・・・。千丈乗越を過ぎると穏かな稜線歩きになり、這松と時々現れる雪渓の中を前進します。

画像

谷から吹く風が気持ちよく、一面のお花畑には可憐な高山植物が咲き誇っています。爽快な気分で雪渓の天然雪と遊んだり・・・・(約5分休息)

画像

振り返ると槍ヶ岳が美しい姿を見せています。今年は東京谷中・日光と天然かき氷の食べ歩きをしました。最後は北アルプスで天然かき氷も悪くないと、カップに天然雪を入れ記念撮影をします。穏やかだったのはここまでです。

画像

山は午後になると天気が急変します。ガスが出てきて前方が見えなくなり始めました。予想外に上がりと下りがあります。時間は既に16:10を過ぎています。コースタイムではとっくに双六小屋に着いてもよい時間です。

画像

前に立ちはだかる山も霧雨でハッキリ見えません!天気がドンドン悪くなってきます。上がりと下りの勾配がきつく妻が遅れ始めました。

最近ご機嫌の悪くなった時には、私の事を「ブログ名」で呼び捨てにします。
  清兵衛、道は本当に合ってる!間違っていない!」
二人きりの山岳隊とはいえ私がリーダーです。

灰色の大きなシルエットの山が今度こそは樅沢岳だと思ったらまた違いました。時間は16:30!とっくに着いていいはずです。妻以上に、私も不安になります。地図のコースタイムが正しければ、どうやら道に迷ったようです。

画像

ふと、10年も前に読んだいまだ下山せず(著者:泉康子)が浮かびます。槍ヶ岳を目指した三人パーティーが沢下りをして遭難死した山岳小説を!
決してあわてて谷に下りてはいけません!二の舞になります。リックにはツェルト(簡易テント)が入っています。ビバーク(野宿)の岩陰を探しながら尾根伝いを力なく歩きます。

疲れと不安で体とココロが完全に折れそうになった時、霧の中に樅沢岳の道標がかすかに見えてきました。 16:55

画像

双六小屋も見えてきました。樅沢岳を下る途中で天候も回復して、ころげ落ちるようにして小屋へかけ込みました。 17:20

画像

山小屋には15:00までに宿泊届けをするのがマナーです。「すいません、遅くなりまして山地図を2時間近くオーバーしてしまい!」、受付スタッフの方が「山と高原地図ですか!コースタイムはこちらの方が参考になります!」と、指差すコース案内図を見ると、「槍ヶ岳→双六小屋」は5:30と書かれています。

絶句です!

画像

遅い到着ですが食事は用意していただけるようで!食堂には交代制の最後の食事組が終わろうとしているところでした。

画像

食堂スタッフの方に、遅れてすいませんね!と謝りながら、シッカリと生ビールを注文し命があったことを、お互いに労いました。この宿は北アルプスの中ではホスピタリティの良い事と食事の旨いことで有名です。揚げたての天ぷらとおふくろの味「煮物」をいただきました。(1泊2食:8800円)

画像

食事のあとは、談話室やテラスで知らない人同士が山談義をするのが楽しみです。同じ西鎌尾根を下りてきたパーティーと話が弾み「あのコースタイムは絶対ありえない!」と・・・・・
でも山では何が起きるかわかりません、今回のアクシデントも槍ヶ岳山荘でのロスタイムがなければ充分リカバリーができたはずです。

画像

今夜は混んでおり、本館は1人/1畳以上!遅かったので宿泊部屋は夏季開設の富山大学診療所のある避難小屋です。雨露が防げるだけありがたいことです。間違っていたら西鎌尾根の岩場でビバーク(野宿)でしたから!

画像

トイレは建物の外です。夜中トイレタイムに出ると、満天の星が輝いています。山のカメラは軽量化(コンデジ:105g)優先で星空は撮影できません!いつものようにJR東日本の観光写真をお借りしますが写真のような素晴らしい光景でした。

晴れた夜、山には星が降るんだよ!
画像

三日目
今日も快晴!診療所の先のテント場を通りぬけ正面に見える山容「弓折岳」に向います。(5:10発)昨日と反対に対面方向に槍ヶ岳が見えます。晴れていれば終始「槍ヶ岳」を見ながらの稜線歩きになります。
稜線の這松の陽だまりで小屋の朝弁当をいただきま〜す。

画像

この稜線上には、お花畑がいたるところに拡がっています。群生した場所にはベンチも設けられ!黒百合ベンチで黒百合の群生を見ました。「黒百合を見たヒトには幸せがあるそうです!」 (^v^)
(休息 合計1:00)
画像

弓折岳を過ぎ、抜戸岳山頂から45分ほど歩いたところに、巨岩の間が割れている面白い「抜戸岩」があり、間を通りぬけます。

画像

草原の秩父平を抜けると、今夜の宿「笠ケ山荘」がはっきり見えてきた。奥の笠の形の山稜が目指す笠ケ岳です。近くに見えるけどなかなか到着しません!

画像

12:45 笠ケ岳山頂
百名山84座目の「笠ケ岳」に立ちました。10年前に敗退した執念のリベンジです。

画像

視界がなく、風が強くなって来ました。急いで記念撮影!先ほどリュックをデポしてきた笠ケ岳山荘に降ります。

画像

宿泊の受付(9000円)を済ませ、まずホットミルクとホットココアで温まります。部屋は相部屋で6人/10人定員でした。

画像

楽しみの夕食も献立はから揚げとサバの塩焼き!魚料理はしばらくぶりです。嬉しい事がありました。ソロの男性の方が笠ケ岳で百名山制覇されました。小屋から記念の登頂タオルがプレゼントされ皆で祝福をしました。

さきほど、秩父平でご一緒した大阪の方です。実は内緒ですが、妻が小屋のスタッフの方に知らせたようです。お節介な妻ですが食堂がお祝いで熱気に包まれている様子に、昨日の西鎌尾根で清兵衛と呼び捨てにされたことをすっかり忘れました。

画像

4日目
縦走最終日です。ゆっくり目に出立(5:10)しテント場を抜け昨日通った道を笠新道の分岐まで戻ります。ここから笠新道に向けて長〜い下りが始まります。
画像

辛い下りですが、途中朝日に照らされたお花畑にピンクと黄色の可憐なユリを見つけました。ピンクは南東北の山稜(大朝日岳etc)に咲いてるヒメサユリとそっくり、でも実際はササユリでした。お花の名前は憶えるのが苦手です。

画像

10年前の夏を思い出します。新穂高温泉から笠新道を通って笠ケ岳を目指し、折からの猛暑でバテバテになり途中でリタイアしたことを!「日本三大急登」と言われるだけあっやはり手強い下りルートでした。

10:55 笠新道入口にようやく到着しました。

画像

ここから、三日前にマイカーを駐車した「新穂高温泉:無料駐車場」に向います。3泊4日にわたる長〜い山旅で、体が「温かい温泉と!」「精力のつく食事」を求めています。

なぜ槍ヶ岳のアプローチに新穂高温泉をお奨めしたのか、その回答があります。

その@
槍平小屋に泊まり、早立ちすれば槍の穂先の空いている時間帯(8:00〜10:00)に山頂に立ちその日下山できます。(1泊2日)、ちなみに槍の穂先の混みようはシーズン&時間帯によって半端ではないようです。

mikkoさんのブログに↓画像リンク

そのA
上高地ルート(〜松本IC)には、小さな温泉は幾つかありますが、山旅で積もった汗を本当に気持ちよく流してくれる日帰り温泉は知りません!

岐阜県の飛騨地方は温泉天国です!特に好きな日帰り温泉は、何年か前に東日本日帰り温泉ベスト一に輝いた「平湯の森」です。下山後、この温泉に入るのを楽しみにしていました。

平湯の森(500円/入浴+休息)
画像

大自然の森の中の白濁の露天風呂と青く透きとおる静寂とした内湯に浸ると、3泊の疲れもなくなり、隣接した「レストラン:もみの木」に向います。

画像

山小屋食事(三日)の後は自然と「精力食」を求めています。飛騨牛のボリュームのあるステーキセットで体力が少しづつ回復してきました。

画像

食事の後、飛騨の銘木作りの古い民家風の天井の高い広間で爆睡!(5時間)

画像

十分な睡眠をとった後、往たルートを松本ICに向かい高速(信越道・関越道)経由で無事帰宅(さいたま市)しました。


百名山の登頂記録

今年は南九州の開聞岳・霧島山と合わせ4山の百名山制覇でした。雷雨で敗退した宮ノ浦岳、山地図に迷わされた槍・笠縦走と、安全登山をテーマにスタートした「2012年の山旅」も本当に色々ありました。

百名山の未登頂リスト
エリア座数未登頂山
北海道9完登
東北13早池峰・岩手山
関東21丹沢・至仏山
甲信越10富士山・巻機山
北アルプス16槍ヶ岳・笠ケ岳・薬師岳・黒部五朗岳
南アルプス10間ノ岳・甲斐駒ケ岳・千丈岳
中央アルプス周辺7空木岳
近畿・北陸5完登
中国・四国3大山・剣山・石鎚山
九州6霧島・開聞岳・宮ケ浦岳

山ではなにが起きるかわかりません。残り16座!これから先、百名山制覇の道はまだまだ険しそうです。

山の携帯(ケータイ)電波事情

携帯に頼る生活が深まり、山でのケータイ電波の感心が高まっています。今回、最新の北アルプス南部のケータイ電波事情についてレポートの予定でしたが、誌面がなくなってきました。

Docomoモバイルルータによる山でのスマホ!環境
画像

特集「山と都会のケータイ電波事情」の続編で取り上げさせていただく予定です。
 ・北アルプスの稜線(尾根)上の電波状況
 ・山での携帯バッテリーの消耗と対策について!


お忙しい中、「槍ヶ岳〜笠ケ岳縦走レポート」を最後までご覧いただき
ありがとうございます。
このご縁は、大切にさせていただきます。


前記事 槍ヶ岳〜笠ケ岳縦走(前編)新穂高温泉ルート ← クリック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 418
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(141件)

内 容 ニックネーム/日時
清兵衛さん、おはようございます。
おかしい!と思い始めた途端にとめどなく不安ばかりが募りますよね。。。読みながらドキドキしてしまいました。勿論、こうして記事になってるのだから、清兵衛さんが天国から書いてるのでなければ、どういう結末だったかはわかってはいても、臨場感あふれる描写にすっかり引き込まれてしまいました。
登山らしい登山はしたことがないですが、一度オーストリアのスキー場でほんとに一瞬にして天候が急変、嵐になり、リフトに残されて本当に怖い思いをしました。横殴りの雪で視界ゼロ、子供の泣き声、叫び声が聞こえてくるだけという阿鼻叫喚の世界でした。これが登山の途中だったら。。。考えられません。

それにしても奥様のキャラ、いいですね〜!!
これからも100名山完登目指して、ご夫婦で安全な山登りをを楽しんでくださいね!
黒百合に守られているからきっと大丈夫ですね!!
黎明
2012/10/12 05:53
>折からの猛暑でバテバテになり途中で
>リタイアしたことを!
登山についての経験も知識もありませんが
リタイアする勇気も必要なんだと思います。
無理して取り返しのつかないことになったら困りますもの。
奥様の気配りで100名山完登の御祝いをして盛り上がれたんですもの。皆様感謝していますね
eisui
2012/10/12 06:56
おはようございます♪
ご夫婦での登山とは、すてきなカップルですね!
私は鳥海山・秋田駒にしか登ったことがありませんが
途中のアクシデントもリーダーの的確な判断がないと
大変なことになりますからね〜。
今後も百名山制覇目指して頑張って下さい。(^^)/
えのもと
2012/10/12 08:57
こんにちは

カウントダウンの百名山
はやる気持ちを抑え
充分に楽しんでおられますね
ゆっくり安全に
無門
2012/10/12 09:45
険しい尾根道を歩くのは命がけですね。
私にはとっても無理です。
山小屋で沢山の人が食事をしている光景、
とってもびっくりです。
こんなにも大勢の人達が登山されるのですね。
カメさん
2012/10/12 10:55
山の天気は本当変わりやすいのですね。
でも命あっての事なので
今後も気をつけて下さいね。
仕事上山岳系のものもしているのですが
遭難関連のものは読んでるこっちも心が痛みます。
それにしても山登りの行列!?スゴイですね・・・
私は小中高と遠足等が全部山だったので
もう山はコリゴリです(笑
りえ太
2012/10/12 12:32
清兵衛さん 無事に双六小屋に到着した時は本当にホッとなさったでしょう?その心境とってもよく分かります。10年以上前、私達女三人パーティーも同様のヒヤヒヤした思い出があるのです。昼に槍から向かったのですが、陽気だったのは千丈乗越すぎまで。 小屋までの長いアップダウンは予想外でした。9月の初めだったので到着した4時半はそろそろ夕暮れに近かったのです。途中熊がいたなんて話も聞いて本当にハラハラしました。おまけに翌日は台風で動けず勤め先では遭難した?なんてことになって(汗)今でも忘れられない双六小屋です。無事に帰ってこその山登りですよね。
でもご夫婦で笠が岳まで行かれたお二人は素晴らしい♪
>機嫌の悪くなった時には、私の事を「ブログ名」で呼び捨てにします・・これには大笑い。仲の良い証拠ですよ。奥様に拍手喝采です
けっこちゃーん
2012/10/12 12:43
清兵衛さん お疲れ様です
こう言う事でしたか
と言いながら槍から双六小屋までの西鎌尾根は歩いていません。双六周辺は何度も歩いていますが・・・
あ 小屋には泊っていません、テントは5泊ほど、通過も数回。潜さんや息子さんとお話しする機会もありました。
あっ 文太郎は北で
康子さんのはノンフィクションです
かめ・ふー
2012/10/12 12:51
素晴らしい画像の数々、切り立つ岩壁に足がすくむ思いをしたり、素敵な花に癒やされたり・・・
ご夫婦での山歩きいいですね。
私は、子供が小さいときに、家族で富士山に登ったくらいで、あまり山は登ったことがありません。
最近は幼稚園のお散歩コースの山でも、なかなかです。
反省<(_ _)>
画像を見ながら「天空の診療所」のドラマがあったことを思い出しました。

平湯の森は、夫が胃の手術後初めてのお出かけで行ったところです。
雪の中の露天風呂、気持ちよかったのを思い出しました。
はな
2012/10/12 14:11
お話と素敵なお写真
山を堪能させていただきました
山の怖さ、楽しさ・・・
知りました
この素敵があるから登山なさるのですね

《黒百合を見たヒトには幸せがあるそうです!》
拝見しました(^_^)
桜桃
2012/10/12 14:26
こんにちは
本格的なご夫婦での登山、登った人だけが味わえる感動
を共有できるなんて、素晴らしいですね。

機嫌が悪くなるとブログ名で呼ぶ可愛らしいと思いますぅ。

我が家も山に憧れが強いですが、本格的な登山が出来るまでには時間がかかりそうです。
だるま
2012/10/12 14:56
前編からとっても楽しくワクワクと拝見させていただきました。

後編はさらにスリル?も加わり、そんな中、奥様の
「清兵衛、・・・」の呼び捨てのくだりでは緊迫の場面の中、笑わせていただきましたよ
槍は憧れますが、あのラストの梯子はきっと足がすくんで登れないだろうなぁ と思います。

ご無事で何よりでしたね

2012/10/12 15:38
こんにちは〜。ご夫婦で百名山素晴らしいですね。
そして羨ましいです。天然のかき氷もとても美味しそうですね〜。
「黒百合を見たヒトには幸せがあるそうです」
私も見せていただいて おすそ分けがありそうです。
ありがとうございます。
これからも内容充実の山岳日記のブログを楽しみにしていますね\(*⌒0⌒)♪
ひぐらし
2012/10/12 16:17
お二人での登山なんて素敵です。
常に鍛えていらっしゃるのでしょう。
困難に合うと、益々絆が強くなりますね。
ハッピー
2012/10/12 16:29
今日は。
ご夫妻で共通の目的があるのはとても素敵で羨ましく思います。
私は山らしい山は登ったことが無く、本当に拝見しては、行って見たいなあ!!!そんな気持ちだけで何十年と経過して、今は読ませていただいて御一緒させていただいた気分に浸っています。
樅沢岳の道標にはほっとされたことでしょう。
槍の穂先の混みよう……知らなかったら何の行列!
何て思うところでした。
>晴れた夜、山には星が降るんだよ!・・これは是非みてみたいです。

やろい
2012/10/12 17:11
すごい!これほど本格的な登山の記録を読んだことがありません。
山の景色はすばらしいですが、こんなにあっという間にお天気が変わるんですね。
黒百合の写真、見せていただいてありがとうございます!幸せなことがあるかな。(^^)
私は学生時代に富士山しか登ったことがありません。でも山登りは嫌いじゃないです。低い山に登ってみたいなと思います。
きっこ
2012/10/12 18:46
こんばんは!
凄い尾根歩き 身がちじみそうです。きっと、ご夫婦ともに、べてらんさん なのでしょうね。
無事に山小屋に辿り着かれた 様子 よかったです。
はなあみ
2012/10/12 19:21
ご無事で何よりでした。こうして書いているのだから、無事だったのだと分かっていても、読んでいてヒヤヒヤしました。 ご褒美ビールでホッとしましたね。 
巻機は地元だったので、若い頃よく山菜取りに行ったりもしました。 時々事故や遭難がでますので、気力体力充実している時に挑戦してくださいね。
pmarin
2012/10/12 20:31
こんばんは〜
槍ヶ岳もすごかったですが、西鎌尾根での出来事もドキドキ読ませていただきました。
地図が違っているそうよ・・と夫に言ったら、2004年版の地図を出してきて見たら、少し長くて4時間20分のようでした。
そうそう、双六から笠が岳まで、快適な稜線歩きだったという覚えしかありませんでしたが、そう言えば抜戸岳を笠が岳かと思ったことを思い出しました。
はい、わが家も平湯の森のファンですが、この前子供孫と奥飛騨ロープウェーに行った時、あのバスターミナルの前の温泉が新しく建て替えられていたので驚きました。前は山歩きの人の為の温泉という感じだったのが、観光客の為の温泉のようでした。
つれづれ
2012/10/12 21:59
ニュースで事故のことやっていると、見るにたえません。いろいろありましが、よかったですね。いろいろあるから、制覇できたときは喜びが数倍にもなるのでしょう。でも間違えば命の危険もあります。これからも気をつけて登山なさってください。ご夫婦で同じ趣味はすばらしいです。
はるる
2012/10/12 22:00
こんばんは!
登山の経験がない私は、途中からドキドキしながら拝見しました。
山の気象が急変することは知っていましたが、実際のお話を伺って驚いています。
奥様とお二人で体験なさったことは一生の宝物ですね。
もう次の計画を考えていらっしゃるのでしょうか。
楽しみですね。
うふふ
2012/10/12 22:42
無事双六小屋に着けて良かったですね
予定時間に着かない上に、ガス・・・パニックになるところを・・・さすがベテラン
クロユリやササユリなどの花々、醍醐味ですね。
山小屋の食事の美味しそうなのには驚きました
朝のお弁当なんて、豪華
百名山制覇、もう一息ですね
頑張ってください
T&M
2012/10/12 22:53
夏は本格的に歩かれますね〜。それもご夫婦で!
「山と高原地図」は南アの北岳でも、どう考えても違うだろうというコースタイムの区間があり、お蔭で予定のバスに乗り遅れました。
このコース、数年前の真夏この逆コースを辿ろうとして、テントを担いでいったのですが、あまりの暑さで鏡平で挫折をして弓折岳で諦めました。(笑)
やはり、良いコースですね〜。 いつか必ず。
本読みと山歩き
2012/10/13 10:17
途中、ハラハラしながら読みました。
奥様のブログ名呼び捨てに笑っちゃいましたが、
無事小屋についてよかったですね♪
素敵な奥様♪(*^_^*)
ひまわり
2012/10/13 11:03
こんにちは。
最近は平地でも良く道に迷って不安になることがありますが、山の中ではそれどころではありませんね。
無事に帰られてほんとうに良かったです。
百名山84座とはすごいです!!
先日数えてみましたら私は10座でした。
鹿児島時代に屋久島には行きましたが宮の浦岳には険しいらしくて登っていません。
後16座、楽しみですね!
みっちゃん
2012/10/13 11:04
お疲れ様でした。
無事下山されて本当良かったです。
ビバークにならなくて何よりでしたね。
時間も陽が沈む前で。
もしものためにテン泊以外では、
ツェルトを持参するよう購入しようと思います。

でも、素晴らしい景色ですね!
hey-hey-yos
URL
2012/10/13 11:57
ブログ名をお呼びになる奥様
オキャンですね。
どうお応えになるのでしょう。
ご無事で何よりでした
asakun
2012/10/13 19:00
清兵衛さんご夫妻、登山なさるのですね。
凄いです〜!
私も新穂高まではよく出かけるのですが、ロープウェイでビューン!とです(笑)
昨秋も訪れて、笠ヶ岳・槍ヶ岳をカメラに収めてきました。

山は天候が急変すると、視界ゼロになるのですね。
無事山小屋に着けて良かったですね!
奥様、ブログ名で呼ばれるんですか?笑っちゃいました。
奥飛騨温泉にも入浴され、飛騨牛ステーキも召し上がり、最高でしたね♪
私は登山はできませんが、せめてトレッキング位は挑戦したいです〜。
お疲れ様でした。
ハーモニー
2012/10/13 19:42
<槍ヶ岳〜笠ケ岳縦走(後半)遭難一歩手前!>
ン?、何があったんだろうとドキドキしながら読ませて頂きました。
無事に帰られほんとうに良かったです。
あと16座、最後の1座は何処をどんな風に歩かれるのでしょう?
楽しみですね。頑張ってくださ〜い。
FUKU
2012/10/13 19:46
今晩は。
記事を読み進んでいくとなんだか私まで緊迫感を感じましたが・・・無事に下山されてなによりでした。
お二人のパーティーのリーダーとして奥様をリードされている様子に仲がよいことが伺えます。特にブログ名で呼ばれるなんて微笑ましいです^^。
それにしてもこんなに高い山でも大勢の登山客で賑わっているのにびっくりします♪
それに美味しそうな夕食やお弁当、ホットミルクなど高い山ではなくて街中で頂くお食事のように充実していてこれにも驚きました。珍しい高山植物も見られて羨ましいですよ。後16座だそうですがゆっくりと無理なく挑戦されて見事百名山制覇されますように^^。
のろばあさん
2012/10/13 21:59
槍ヶ岳から笠ケ岳へ向か山並み、とても見事ですね。
山の魅力とノウハウが詰まった読み応えのある記事でした。でもやはり山の怖さもあるのですね〜。
ご無事で何より。
登山後の温泉と和食グルメは、たまらないでしょうね。
ミクミティ
2012/10/14 00:11
こういうことだったのですね♪ご無事で良かったです(^^)。以前にコメントを戴いていたので、ずっと気になっていました。なるほど、入山・下山とも同じルートです。夏山とは言っても、雨や風で体温が奪われると怖いことになりかねませんよね〜。あと16座、安全登山で頑張ってください♪
確かに僕の持っている同じ地図の紙の方も千丈乗越からは「2時間半」で樅沢岳になっていますね。
やまや
2012/10/14 04:26
おはようございます。
もうドキドキしながら読みました。
昨日たまたまテレビでアルプス山脈をほとんど走って縦断する過酷なレースの話をテレビで見たばかりだったので、清兵衛さんの恐怖感がその分よく伝わってきましたよ。ご無事で何よりでした。そしてリベンジ果たせて本当におめでとうございます。お疲れ様でした〜!
黒百合って幸せになれる言い伝えがある花なんですね。ずっと逆だと思ってました。^^
TAMO
2012/10/14 04:33
 ご無事にぼ帰還できたのが、何よりです。「コースタイム」ネットなどで、調べてみると、結構、バラツキありますよね、でも2時間も違ってくると、やはり僕もあせると思います。(GPS付きの道具持って登る方もおられるようです。)
 星空の写真、見たかったですね。
 あと16座頑張ってください。また登山に報告楽しみにしています。
藍上雄
2012/10/14 10:27
屏風のような尾根を
歩いて行かれるんですね。
高所・閉所に弱い私としては、
ただただ感嘆して、
お写真拝見するのみです。
予定と異なる非常時の的確な判断。
大いに感心致しました。
百名山完登の日が近づいてますね。
無理なさらず、挑戦なさって下さい。
yasuhiko
2012/10/14 11:51
こんにちは
後半のブログを読んでいると、また前半も読み直したくなり*^^*度々お邪魔しています。サッカーボールぐらいの落石!恐ろしいですね。
ただ山の美しさや、楽しさを知った人たちは、山から離れられなくなりますね。こちらのブログで、山に行った気分を味あわせて頂きました。
私のブログへの訪問コメントも、合わせてありがとうございます
だるま
2012/10/14 12:32
今朝お伺いしたら、気持ち玉が一個しか貼れませんでした。
まだウエブリー具合悪そうですね。
ハッピー
2012/10/14 13:36
コメント頂いた皆様方へ
-----------------------------------
ウェブリブログの動作が重くてコメント返信が遅れています。
お詫び申し上げます。
必ず、返信させていただきますのでしばらくお待ちください!!
清兵衛
2012/10/14 16:15
やっと繋がりました。
全くいやになりますね。
お出で下さって有り難うございました。
ハッピー
2012/10/14 16:18
「黎明」さん、ありがとうございます。
西鎌尾根で行き交うパーティーの歩行時間4:30を聞き、異変に気がつき、天気の悪化と重なりパニックになりました。
黎明さんには白馬岳についで何回もハラハラ!ドキドキ!させてしまいすいません!
天気が悪化したときの山は本当に怖いですね!
ヨーロッパ・スキー場での子供さんの叫ぶ声!パニックの状況が想像できます。
百名山完遂の励ましをいただき嬉しいです。
清兵衛
2012/10/14 16:23
「eisui」さん、ありがとうございます。
危ないと思った時は、勇気ある撤退をします。
仰られるように命あっての山歩きですから!
笠ケ岳も10年前に暑さの熱中症でリタイア!
妻のお節介が返ってご迷惑になるか心配しましたが
百名山お祝いの盛り上がりを見て嬉しくなりました。
ありがとうございます。
清兵衛
2012/10/14 16:26
「えのもと」さん、ありがとうございます。
いつもキノコ狩りや秋田の産物たのしく見させていただいています。
鳥海山は百名山ですから登りましたが
秋田駒ケ岳いい山でした。お花も紅葉も
下山後の乳頭温泉「鶴の湯」最高でした。
清兵衛
2012/10/14 16:28
「無門」さん、ありがとうございます。
仰られるように、百名山カウントダウンが近づいてきましたが安全優先です。
せっかく遠くまで行くので山だけではなくその地域のいい所も一緒に学んでいます。
ユックリと行きます。
清兵衛
2012/10/14 16:31
「カメさん」ありがとうございます。
険しい尾根歩き、実は私たちも怖いです。
でも、ここまで(84座)きたら勢いで登らざるをえなくなりました。
食事光景びっくりされたでしょうか!
山の上で食べる「野菜の天ぷら」おいしかったですよ!
清兵衛
2012/10/14 16:33
「りえ太」さん、ありがとうございます。
本当にそうですね!
山の天気は変わりやすい、命あってですから!
一に安全登山、二にも安全登山ですもの
山岳関係のお仕事羨ましいけど遭難はご免ですね!
槍ヶ岳は混んでいるときは2〜3時間待ちだそうです。ビックリします。
清兵衛
2012/10/14 16:35
「けっこちゃん」、ありがとうございます。
えぇ〜西鎌尾根を女子会パーティーで下られたんですか!
予想外のアップダウンで悪天候と重なると結構タイトになり一本尾根とはいえ不安になりました。
職場で遭難って大変な思いをされたんですね!
でも、辛い思いを共有したと知ると連帯感がでます。
ブログ名で呼び捨てにされたんですから、妻に拍手喝采しないでくださいよ!(笑い!)
清兵衛
2012/10/14 16:38
「かめ・ふー」さん、ありがとうございます。
双六小屋の常連さんなんですね!
今回、潜さんにお会いすることはなかったですが
遅くなてっも受付スタッフの方、いやな顔ひとつせず
やはり、北アルプスでホスピタリティNO.1ですね!
文太郎は北でした。ありがとうございます。
清兵衛
2012/10/14 16:40
「はな」さん、ありがとうございます。
ご家族で富士山登られたなんて微笑ましいです。
天空の診療所のドラマ見て観たいです。
平湯の森、雪の中の露天風呂最高でしょうね!
行って見た〜い
清兵衛
2012/10/14 16:42
「桜桃」さん、ありがとうございます。
山の怖さと楽しさ、いろいろありますが天気の良し悪しで大きく左右されます。
辛くても、山頂に立った時の喜び、登山道で見かける可憐な花・・・
仰られるように、そんな素敵があるからとりこになっています。
「黒百合」見られた桜桃さんも、きっと幸せがありますよ!
清兵衛
2012/10/14 16:44
「だるま」さん、ありがとうございます。
色々でしたが、憧れの槍!を夫婦で共有できました。
山は安全な6月から10月だけですので
これからは街に出ます。
北浜よかったですよ!だるまさんの素晴らしいレポで
私も行きたくなりました。
清兵衛
2012/10/14 16:47
「杏」さん、ありがとうございます。
何かレポしているうちに、山岳サスペンスドラマみたいになってハラハラさせてすいませんでした。
杏さん山レポ「鳳凰三山」楽しくみました。
昨年の夏、私たちも行きましたので!
槍のハシゴ、写真で見ると確か足がすくみますね!
清兵衛
2012/10/14 16:50
「ハッピー」さん、ありがとうございます。
山は楽しいことも多いですが、辛い時にどう助け合うか家庭生活と同じです。
オペラユニット・レジェンドの演奏に横浜までこられたんですか!
聞いて観たかったですね。
フットワークが軽くて、いつも本物の価値をしってるハッピーさんに感心しています。
フラッシュとイラストを使ったブログも楽しいです。
清兵衛
2012/10/14 16:55
「ひぐらし」さん、ありがとうございます。
そうですよ!「黒百合を見たヒトは幸せになれます!」ひぐらしさんにもおすそ分けがきっと!
ひぐらしガーデンに黒百合をと思ったんですが高山植物ですからNGですね!
アルプスで天然かき氷を食べられるとは思いもよりませんでした。
山シリーズは来年になりますが、冬は東京食べ歩きを期待ください(笑い!)
清兵衛
2012/10/14 17:05
「やろい」さん、ありがとうございます。
行けども!行けども!たどり着かない樅沢岳、道標見たときには涙がでました。
JR東日本の観光写真素敵でしょう!
あの通りの素晴らしい満点の星でした。
私たちも、星空を見たくて時々テントを持参します。
本当に槍!の待ち行列にはビックリしますね!
清兵衛
2012/10/14 17:08
「きっこ」さん、ありがとうございます。
すいません山岳サスペンスになってしまい
山は天気次第ですが、でも無事下山しました。
きっこさん、富士山に登られたんですね!それでしたらアルプスも大丈夫ですよ!
これから紅葉シーズン、低山から山ガールのデビューいかがですか!
清兵衛
2012/10/14 17:10
「はなあみ」さん、ありがとうございます。
身がちじみそうな!怖い思いをさせてごめんなさい
ベテランではありませんが、少しずつ学んで特に安全登山には気を配っています。
何とか無事に山小屋に着き、生きた心地がしました。
マイカー規制になった那須の茶臼岳も百名山ですね!
清兵衛
2012/10/14 17:12
「pmarin」さん、ありがとうございます。
山岳サスペンスドラマになってしまい、ヒヤヒヤさせてご免なさい!
ご褒美ビールが心から美味しいと感じました。
巻機山、いい山ですね
清水から井戸尾根ルートで登りましたが紅葉が綺麗でした。
妻は未だなので「夫婦で登る百名山」としてはこれからです。
もう1回行けるから楽しみです。
清兵衛
2012/10/14 17:13
「つれづれ」さん、ありがとうございます。
白馬岳に続いて、ハラハラどきどきの展開になってすいません!
西鎌尾根のコースタイム、ご主人が2004年版を見ていただいたんですか!(嬉しい!)、
その時は4時間20分変わっているんですね!
双六〜笠ケ岳の尾根コース長かったですね!
平湯の森、人気で土日は大混雑です。この時は平日でしたのでゆっくりできました。
本当に飛騨地方は温泉天国ですね!
清兵衛
2012/10/14 17:16
「つれづれ」さん、ありがとうございます。
白馬岳に続いて、ハラハラどきどきの展開になってすいません!
西鎌尾根のコースタイム、ご主人が2004年版を見ていただいたんですか!(嬉しい!)、
その時は4時間20分変わっているんですね!
双六〜笠ケ岳の尾根コース長かったですね!
平湯の森、人気で土日は大混雑です。この時は平日でしたのでゆっくりできました。
本当に飛騨地方は温泉天国です。
清兵衛
2012/10/14 17:22
「はるる」さん、ありがとうございます。
えぇ〜遭難事故をニュースで聞くたびに、今までの山旅での怖い経験が頭を過ぎります。
いろいろ怖い思いをしましたが、今回は5番目の怖さです。
1番、羅臼岳で巨大なヒグマに目の前で遭遇
2番、幌尻岳の激流で鉄砲水に流される
3番、飯豊山で標識がまがっており道に迷う
はるるさんにお気遣いをいただき、これからも注意して登りますね!
清兵衛
2012/10/14 17:46
「うふふ」さん、ありがとうございます。
登山初めてなんですね!
山岳サスペンスドラマのようなハラハラさせる山レポートで驚かせてごめんなさい
苦しいとき二人で共有するのはいいですが、こんな共有は結構ですね!
今年は4山だけですが、腹八分目で来年の楽しみにします。
清兵衛
2012/10/14 17:48
身に余るお言葉、穴に入りますよ。
レェジェンドは優しい音楽を奏でてくれます。
私のように無知な者にも心に響きます。
清兵衛様は埼玉でしたよね。
演奏会があります。
奥様と是非・・・
お伝えだけしておきます。

大宮さくらライオンズクラブ結成25周年記念 LEGENDチャリティコンサート公演日時: 2012年12月7日(金)
会場: 彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール 
〒338-0014 埼玉県さいたま市中央区上峰3丁目15−1
開演: 18:00 [開場:17:30]
料金: 6,000円
一般発売: 大宮さくらライオンズクラブ事務局 TEL:048-644-6633
彩の国さいたま芸術劇場 TEL:048-858-5500
※エル・エンターテインメントでのお問合わせ・チケットの受付はおこなっておりません。
ハッピー
2012/10/14 18:31
「T&M]さん、ありがとうございます。
一時は時間の間違いと、ガスってパニックになりましたが大事がなくてよかったです。
山小屋の食事、以前はレトルトカレーなんてところもありましたが競争でだんだんよくなっています。
朝早くは食がわかないのでお弁当をもらいますが、包装箱等のゴミがリュックに貯まっていき困ります。
声援ありがとうございます。
清兵衛
2012/10/14 18:47
「本読みと山歩き」さん、ありがとうございます。
えぇ〜山は安全な季節だけですので夏休みは結構、忙しいです。
北岳で「山と高原地図」のコースタイムおかしかったですか!
どのようにして決めているか知りたくなります。
「本読み」さんも、リタイアすることがあるんですね
親近感をもちました。このコース本当にいいです。
清兵衛
2012/10/14 18:48
「ひまわり」さん、ありがとうございます。
ハラハラさせましてご免なさいね!
一時は不安でパニックりましたが無事小屋に着きました。
ブログ名の呼び捨て笑わないで下さい!
困っているんですよ、なんとか「ひまわり」さんしてください!
清兵衛
2012/10/14 18:49
「みっちゃん」、ありがとうございます。
コースタイムに迷わされ、間違った道を歩んでいると途中で不安になりました。
天気の悪化と重なって、心配してくださってありがとうございます。
みっちゃんも百名山10座ですか!
宮ノ浦岳は雷雨で勇気ある敗退をしました。
もう一度、黒豚を食べれるかと思うと!これからも安全登山を優先してユックリと!
清兵衛
2012/10/14 18:54
「hey-hey-yos」さん、ありがとうございます。
道に迷ったと思った、あの場面ではビバークもあったかもしれません!
でも、樅沢岳が見えたときには救われました。
「hey-hey-yos」さんのタフな山レポートを見ていつも感心しています。
ツェルトは小さいので必ずリュックに入れています。
清兵衛
2012/10/14 18:57
「asakun」、ありがとうございます。
そうなんですよ!
山だけではなく、家でもご機嫌が悪くなるとブログ名で呼び捨てにするんですよ!
無視してますけど、何とかしてください「asakun」さん!
清兵衛
2012/10/14 18:59
槍ヶ岳〜笠ケ岳登頂おめでとうございます。
私も機会があったら登りたいです。
昭文社の「山と高原地図」使ってます。
当てにならないんですか?
山では早目の行動が鉄則ですね。
白馬岳に行った時、高齢のご夫婦が午後2時ごろ天狗山荘まで行くというので心配になりました。
2時間はかかりそう、とても疲れているように見えましたから・・・
今年登った百名山は宮之浦岳、剱岳、立山、白馬岳、四阿山でした。
来年も安全登山でレポート期待してます。
かっちゃん
2012/10/14 19:42
「ハーモニー」さん、ありがとうございます。
新穂高ロープウェイで槍・穂高の山容はよくご存知なんですね!
天候急変で視界ゼロも経験されていれば、人ごとでなく一緒にハラハラを味わっていただき親近感おぼえます。
ブログ名で呼ぶの何とかしてくださいな!困っています。
奥飛騨温泉いいですね!
清兵衛
2012/10/14 20:17
「FUKU」さん、ありがとうございます。
前編からご心配いただき、山地図の迷走で一時はパニック状態になりました。ハラハラしながらご覧いただき恐縮しています。
百名山、残り16座ですがラストシーンをそろそろイメージしておかなくてはいけませんね!
蔵王の大露天風呂入ってみたいです。
清兵衛
2012/10/14 20:18
「のろおばさん」、ありがとうございます。
お母様のご容態は大丈夫でしょうか!
こんな時に、緊迫感を感じさせるレポートを呼んでいただき嬉しいのと恐縮の気持ちで感謝しております。
山小屋って今はこんな感じです。
清兵衛のブログは山だけではなく百貨店型なので、
山の経験の少ない方のために山小屋事情を料金を含めできるだけ忠実にレポートしました。
興味をもっていただいて嬉しいです
清兵衛
2012/10/14 20:20
「ミクイティ」さん、ありがとうございます。
山の経験が少ない方にも判っていただけるように、山小屋事情とか登山マップの話など入れましたので長編になってしまいました。でも読み応えのあるとお褒め頂すごく嬉しいです。
レポしているうちにサスペンスドラマもどきになり、ハラハラさせてしまいましたね!
えぇ〜下山後の温泉とグルメに救われました。
清兵衛
2012/10/14 20:22
「やまや」さん、ありがとうございます。
そういうことでした。一時は道に迷っているという不安でパニックになりましたが、
天気がそれ以上悪化しなくて救われました。
この尾根で雷雨に遭ったらと考えるとゾットします。
山と高原地図を再確認してくださって感謝しております。
清兵衛
2012/10/14 20:23
「TAMO」さん、ありがとうございます。
昨夜アルプス縦断の過酷なレースやってましたね
ちょうど槍もでてきて!グッドタイミング
晴れてると山は快適ですが、崩れると天と地ほどの差があります。
ハラハラさせてごめんなさい!
黒百合はなかなか本州では見られないので
幸福になると言われてます。
清兵衛
2012/10/14 20:28
「藍上雄」さん、ありがとうございます。
そうなんです。人によって歩行ペースは違いますが
私たちはカメさん走法ですが、コースタイムに余り遅れたことはありません
2時間には本当に迷走しました。
満天の星空、本当に綺麗です。
これを見たさに山にいくようなものです。
清兵衛
2012/10/14 20:28
「yasuhiko」さん、ありがとうございます。
屏風のような、yasuhikoさんの表現の方がますます臨場感があり、山岳サスペンスドラマになってしまいます。
樅沢岳の手前で道に迷ったとパニックった時の判断!思い出してもゾーっとします。
山は危険な時期はやりませんので、これからは街にでます。
またyasuhikoさんに街の素晴らしいレポートの仕方を教わりながら、よろしくお願いします。
清兵衛
2012/10/14 20:30
おはようございます。
無事で何よりでしたね!。
それにしても、思惑と違ってしまうと、途端に不安が広がり、道に迷っていないか、時間は大丈夫か、スタミナは保つのかと。
登山地図のコースタイム、色々ありますね。
私と妻のパーティーは、岩場や、傾斜が緩くても大きな岩を飛び越すように渡り歩く場所は相当遅くなり、コースタイムの2,3割増しは当たり前でした。
普通の登山道であれば、休憩、写真タイム等を含めてもコースタイム相当か、それ以下で歩いていました。
 ・・「内は岩場が遅いね〜!?」、でした。

これからも山をお楽しみください、そして百名山完登を。
MORINOBUNA
URL
2012/10/15 06:59
こんばんは。
遭難一歩手前とは恐ろしい経験をされたんですね。でも無事に登り切っただけでなくリベンジも出来て本当によかったですね。
登山はしたことはないし、これから出来るとも思いませんが、NHKのグレートサミッツで山を見るのは好きです(^^) 
清兵衛さんの記事も山の素晴らしさと怖さを教えてもらえてとても良かったです。
百名山の制覇、楽しみにしています。
そうそう、奥様がブログ名を呼び捨てにという箇所、笑っちゃいました^^; ごめんなさい!
うずら
2012/10/15 19:02
槍ヶ岳から笠ケ岳縦走とはやりましたね、しかし遭難の一歩手前とあり、ひやりとしました。
かつて幾度か槍には登りましたが、近くの尾根から眺めるだけ。
学生のころ読んだウィンパーの『アルプス登攀記』の遭難がいつも頭にあって、駄目でした。笑。
minochan
2012/10/15 20:57
コメントも気持玉も何回入れても
入りません。
ミルキー
2012/10/15 23:13
槍ヶ岳〜笠ヶ岳と迫力のレポ拝見して楽しませて頂きました。
途中ハラハラしましたが、ご無事に下山出来て良かったです。
ツェルトを持っているだけでも緊急の事態の時は心強いですね。
我が家もいつも持っていますが、出来れば使う事のないようにしたいと思っています。
拙い写真ですが、構成の効果のお陰で
お役にたてているようで安心しました。
mikko
2012/10/16 00:03
こんにちは。
ご夫婦で山に登られるなんて素敵ですね。それにしても、今回、霧も深くて怖かったでしょうねえ。。山の天気って変わりやすいって聞きますから。無事に戻って来れて本当に良かったですね。
奥様が「清兵衛〜!」と呼ばれた下り・・可笑しかったですが必死で叫ばれたのですよね。

まさに天然のかき氷、素晴らしい(~_~)
よく見えないですが、あんこも入っています(笑?
とわ
2012/10/16 10:54
うわ〜!2:50と4:30とでは大違いですね! 北アルプスの天然氷なんて一生に一度食べられる人の確率がものすごく低いですよね。
私からみれば同行される奥さまって凄く偉大です。
なので、リーダーに向かってブログ名で呼び捨てにされたことも笑って許してあげてください(笑)
体とココロが折れそうになってるときに樅沢岳の道標が見えたときは正に地獄に仏の心境だったと思います。私ならパニックに陥って酸欠を起こしていたかもしれません。
槍の穂先に向かう人々…えーーっ!!うっそー!!って目を疑いたくなるような行列じゃないですか!!凄いですねー!!唖然としました。
そして、やはり空気がきれいで高い所では星がこんなにきれいに降ってくるのですね…あ〜美しいです!

平湯の森はいいですよね。私も年に数回信州に旅行するのですが安房トンネルを通って平湯の森へもよく行きます。
今年5月に行ったときに初めて平湯の森に泊まりました。
チェックインしたあと部屋に行く途中の大広間で仮眠されてた方が夜になってもまだ同じ場所でいびきをかいて爆睡されていたのが不思議だったのですが清兵衛さんの記事を拝読して、ようやく謎が解けました、なるほどって。
綺麗なだけじゃなく、ハラハラドキドキも驚きも発見も含めて山に登った気分を味合わせて頂きました。
素晴らしい記事をありがとうございました(^^)
テンプル
2012/10/16 16:37
だるまさん、ありがとうございます。
慈恵医大の先生に驚かされました。
サッカーボール位の岩石が・・・・・
聞いてどうなるものでは、ないですよね!
山は怖いけど、それも魅了のうちでしょうか
清兵衛
2012/10/17 04:50
「ハッピー」さん、ありがとうございます。
ウェブリ!本当に動作が遅くてコメント・気持ち玉入りにくいです。
そんな中、再度訪問していただき感謝しています。
レェジェンドの公演情報もありがとうございます。。
清兵衛
2012/10/17 04:53
「かっちゃん」、ありがとうございます。
やはり山地図は皆さん「山と高原地図」ですよね!
カメさん走法ですが、休息しないので、ほぼコースタイム通りできましたが、西鎌尾根は余りにも違いすぎました。
天候が大きく崩れなくてよかったです。
山の行動は早め!早めが鉄則です。
かっちゃん今年は、剣と宮ノ浦岳を登ったのは健闘でしたね
宮ノ浦岳の山行紀参考になりました。
清兵衛
2012/10/17 04:54
「森のブナ」さん、ありがとうございます。
正月から、山地図が愛読書で西鎌尾根のコースタイムは見なくても頭に入っていました。
それだけに、余計に不安になりパニックって・・・
岩場が苦手ですか!私たちは意外と下りが遅いです。
百名山への激励ありがとうございます。
清兵衛
2012/10/17 04:56
「うずら」さん。ありがとうございます。
えぇ〜いろいろありましたが無事下山できました。
実は愛犬(シェルティー)も山岳犬で百名山20座くらい一緒に登ってるんですよ!
留守番させるのが忍びがたく!
ブログ名の呼び捨て、困ったもんです。(トホホ!)
グレードサミッツいいですね
清兵衛
2012/10/17 04:58
「minocyan」、ありがとうございます。
エドワード・ウィンパー「アルプス登攀記」のマッターホルンように槍ヶ岳は重なりますね
でも、槍の肩までは思ったより楽です。槍の穂先が混んでいるときは大変ですが!
近くの尾根から槍の山岳スケッチしてもらえたら嬉しいですが
清兵衛
2012/10/17 05:01
「ミルキー」さん、ありがとうございます。
ウェブリ!、重くて調子おかしいですね!
何回もご訪問ありがとうございます
清兵衛
2012/10/17 05:07
「mikko」さん、ありがとうございます。
皆さん、槍の大行列を見てビックリしていました。
見事な写真のお陰で、人気の山事情を知ることができ感謝しています。
ハラハラ心配いただきありがとうございます。
ツェルトは万一に備えリュックの片隅に入れてます。
万一がチョット多すぎますよね!
清兵衛
2012/10/17 05:20
「とわ」さん、ありがとうございます。
道を間違ってる?不安と、前が見えない霧で一時はどうなるかと思いました。
山だけじゃなく、家でも「清兵衛!」ですよ!
何とかなりません!
これが本当の天然かき氷で、一口羊羹をアズキの代わりに入れました。
清兵衛
2012/10/17 05:21
「テンプル」さん、ありがとうございます。
コースタイム余りに違いすぎ迷走させられました。
今度、果汁シロップを用意して、北アルプスで天然かき氷店を季節営業しようかと(笑い!)
空気が澄んでるから、星空が本当にきれいですよ!
平湯の森、お泊りにいかれたんですか
えぇ〜いびきをかいて爆睡しているのをみられちゃいましたか!
記事見て頂いて嬉しかったです。
清兵衛
2012/10/17 05:24
こんにちは。

ハラハラ、ドキドキで読ませていただきました。
奥様とお二人で登山される様子を読むたびに
仲睦ましいなぁって思ってます・・・呼び捨てにできるほどラブラブなんですよね。
奥様の気配りもナイス!!ですね。

100名山目指してこれからもお二人で、
がんばってくださいね。

平湯の森、日帰りで良く行きますよ〜♪





keiko
2012/10/17 17:05
前篇、後編とドキドキしながら拝見しました。
奥様と二人三脚で険しい登山をなさるとはすばらしいですね。ご夫婦で100名山制覇されたらそれこそギネス入りでは。もう少しですね。
そのための日頃の訓練は何をされているのですか。

険しい山でもラッシュとは驚きでした。
女優の押切もえさんが泣きながらの槍ヶ岳登頂をTVでみました。
中央アルプスもロープウェイで登って美しさを眺める程度。私には考えられません。
南十字星
2012/10/17 22:12
こんばんわ〜
やっとご訪問できました。。
エラーが、悩ましいです。。
しかし、今回の登山無事終えられ、
お疲れ様でした。
大変でしたね〜
皆さんとツボが一緒ですが、
奥様が、”清兵衛ー!!”と叫ぶ下り、
ぷぷ〜っと思わず吹き出してしまいましたが、
いいご夫婦の阿吽の呼吸といいますか、
いいご夫婦だな〜と、ほのぼのさせて頂きました。
今回の山のリポートも、わかりやすかったですよ。
星も綺麗で良かったです。
そういう風景が見れるから、やめられないんですね。
昇り切った達成感は、爽快なんでしょうね〜
また、楽しみにしています。
お二人で映ってる写真、夫婦の歴史ありで、
私は好きですよ!
なんて、偉そうにすみません
GARIS
2012/10/17 23:07
おはようです。(*⌒ー⌒*)ゞ

いやいやいや。凄い人気の山男ブログですね。凄い数のコメントと「0」のコメントに不自然さを覚えましたが、前編ではコメの受付をされないんですね?
清兵衛さんが呼び捨てにされる・・・・山では不安にもなるでしょうし、人間の本質も見えてきそうで、ワシみたいな凡人には登山は無理だと悟らされて頂きました。
炎のクリエイター
URL
2012/10/18 05:23
こんにちは。
すばらしいブログですね。
「山と高原地図」のコースタイムは場所によって問題があるようですね。一般人という登山に幅があるのでしょうが、許される限度を超えているようです。
今年、中央アルプスを歩いたのですが、宝剣岳から空木岳がコースタイムではきびしかったです。ガイドさんなど何回も歩かれている方は認識されているようです。
今年は槍ヶ岳もエントリーしていたのですが、日程が取れず来年に持ち越しです。
カスミッシモ
2012/10/18 10:53
しばらくです!大変だったですね〜
山はいろいろなことを教えてくれますね〜100座完登の人もサプライズに感激してくれたことでしょう!!
私も9月新穂高スタートゴールで鷲羽岳・高天原・雲ノ平に行ってきました。明日からはカラパタールでエベレストを真近に見てきます!
おやじじ
URL
2012/10/18 11:25
清兵衛 様
ブログにコメントをありがとうございました。
それにしても清兵衛さんの気持ち玉数とコメント数は凄いですね。私は東鎌も西鎌も繰り越しばかりで、来年こそはトライしたいです。
chiaki
2012/10/18 18:32
こんばんわ。コメントありがとうございました。ご夫婦で100名山すごいですね!私は持病があるので、山登りなど出来ませんが、弟が200名山を目指しているようです。^^登山記、とても面白く読ませていただきました。ちょぴり山の気分を味わえたように思います。ありがとうございました。
かるきち
2012/10/18 19:03
こんばんは。

 私も霧に包まれた様な気持になりました。
山の天気は急変するとは聞いていますが
ドキドキしながら見させて頂きました。
奥様とお二人で百名山楽しみですね。
コメント入るようになりました。
はるわか
2012/10/18 20:58
なかなか繋がらなくて、
重複して入ってしまいました。
すみませんが一つ削除して下さい。
ブログ調子今一つですね。
はるわか
2012/10/18 22:17
清兵衛さんはじめまして^^
ブログにコメントありがとうございます。

なんだかこちらまで一緒に山に登っているような気持ちにさせていただきました^^
山の花は可憐でカワイイですね。
植木屋
2012/10/18 22:49
槍ヶ岳・笠ヶ岳登頂おめでとうございました。

3年前、私たちが初めて登った日本アルプスの山が槍ヶ岳で怖い思いをして登頂したので、清兵衛様の記事をハラハラしながら拝見させていただいたところです。

2日目の行動時間は凄いですね。槍平小屋を4時30分に出発。槍ヶ岳山荘で休憩されていたとはいえ双六小屋17時20分まで行動されるとは凄い体力をなさっておられます!

予想外に行動時間がかかったとはいえ、槍平を早朝に出発されているのがタイムオーバーにならずに済んだとするとやはり山は早朝出発が鉄則なんですね。

気のお優しい奥様が清兵衛様をブログ名呼ばわりされるとは山の環境の厳しさを感じます。
残りの日本百名山の記事もまた拝見させていただくのを楽しみにしております。

「平湯の森」は上高地からの帰りで立ち寄ったことがありますが、また行きたくなりました。飛騨牛ステーキセットなんてあるんですね!
山のまこまさ
2012/10/18 23:28
こんにちは。
昔の槍ヶ岳のスケッチ、ブログにのせてみました。
ご笑覧ください。
minochan
2012/10/19 15:31
清兵衛さん良かったです!山谷をこの数日間で味わったような内容ですね。素晴らしいレポートで、食い入るように拝見しました。クロユリ含め高山は本当にあこがれの地です。うらやましい反面お疲れ様でした。
ベランダ農夫
2012/10/19 18:36
 よかった〜
山登りの下心は減量と温泉なので、
百名山登頂とは思ってもおりません。
ですから、清兵衛様ご夫婦を憧憬です
メロンパン
2012/10/19 22:35
こんばんは。
私達も低山ですら迷って日没スレスレって事あります。焦りで気が高ぶり荒くなります。
なのになんと、あの槍ヶ岳目指し迷うと不安ってなもんではありませんよ!遭難?って変な事考えますし。。。
でもコースは清兵衛さん判断間違いなく目的地到着でしたね。命救われた思いです。
本当にご無事で、ブログに話題出来て嬉しいです!!
miyo
2012/10/19 22:46
槍でのまったり昼食分かります(^O^)/
その後が長かったんですね〜
山の天気は午後からはけっこう悪くなりなすね。
視界が悪いと歩いてても心配です(>_<)
でも無事に山小屋到着で良かったですね。
来年は笠ヶ岳に行きたいな!
みかん
2012/10/20 00:43
よかったです。道間違えて遭難なってことになったら、大変ですから。
最近はあまり山登り行ってないんですが、以前はよく行ってました。山っていいですよね。好きです。

あと、ひらゆの森、何度も行った事あります。あの露天風呂は最高ですね。冬はすごく寒いですが、雪見風呂もよかったですよ。
TonTon
2012/10/20 09:16
すごいコメントの数で遠慮しようかと思ったのですが、やっぱり、再チャレンジおめでとうと言っておきます。

私も去年小池新道をあるいたので、小屋の様子や景色が懐かしかったです。
地図の時間は難しいですね。私の場合、登りはほぼ大丈夫なのですが、下りが大幅に違ってきます。ほぼ登りと同じ時間想定で行きます。
尾根だと下り部分が混ざるので、余計ややこしいですね。
多分来年狙っていらっしゃるだろう薬師への太郎平までの時間も、地図だと5時間半ですが、3時間位で登っていらっしゃる方、テント担いだら6時間半かかったというレポ等さまざまでしたが、実際は4時間かからりませんでしたが、登りの角度と荷物でもずいぶん変わってくると思います。
私の場合、岩場の下りは時間チェック難しいです。
さえ
2012/10/20 09:54
「keiko」さん、ありがとうございます。
百名山という共通の目的があるので山では仲がいいですが
下界では別行動ですよ!
笠ケ岳山荘の気配りはチョット見直しましたが!
百名山の応援ありがとうございます。
平湯の森、富山からも行かれるんですか!
こてから紅葉と雪の季節は風情があるでしょね
清兵衛
2012/10/20 12:23
「南十字星」さん、ありがとうございます。
すいません、どきどきハラハラさせてしまいまして
ハードな鍛錬はやっていませんが
早朝にワンコ散歩を1時間ほどやっているだけです。
ここまでくると勢いで百名山をやらないわけには行かなくなりました。
押切もえさん、色々な体験されてますね
会津の老舗旅館で仲居さんやってるTV見ましたよ!
清兵衛
2012/10/20 12:24
「GARIS」さん、ありがとうございます。
ウェブリの調子の悪い中、ご訪問いただき嬉しいです。
山レポートでは、山の素晴らしいこと、辛いことだけではなく、登るのは人間ですから、喜怒哀楽を交えてレポートしますが、
とんだお恥かしい場面をお見せして!
晴れたときの星空は、この世で一番美しいと思っています。写真を夫婦の歴史なんていっていただき恐縮しています。
清兵衛
2012/10/20 12:27
「炎のクリエィター」さん、ありがとうございます。
今回、山記事でしたが、本当の十八番は菜園と「行列のできる店」レポが多いです。
山レポはドラマ性があるので、沢山の方に訪問していただき驚いています。
コメント欄も閉じていたりでご迷惑おかけしています
清兵衛
2012/10/20 12:28
「カスミッシモ」さん、ありがとうございます。
山と高原地図、みなさんのコメントでも違いがあるようですので、早立ちや余裕をもった日程でリカバリーするようです。
宝剣〜空木をみさせていただきました。
そして利尻も天気に恵まれ、いい山行でしたね!
清兵衛
2012/10/20 12:30
「おやじじ」さん、ありがとうございます。
ご無沙汰しています。
鷲羽と雲の平に行かれたんですね!
そして、今度はエベレスト街道のトレッキング
フットワークの軽さにビックリしました。
無事、帰国されたら奥武蔵トレッキングで山談義しましょうか!
清兵衛
2012/10/20 12:33
「ciaki」さん、ありがとうございます。
西鎌・東鎌はホームグランドですね!凄〜い
槍は平日の8時〜10時であれば空いてますので山レポ楽しみにしています。
ciakiさんのテント記いいですね!
槍の「天空のテント場」に泊まって、テントの中からご来光を見れたら最高でしょうね
今後も、よろしくお願いします。
清兵衛
2012/10/20 12:35
「かるきち」さん、ありがとうございます。
ウェブリが重い中、登山をされない「かるきち」さんに、山レポートを見ていただき恐縮しております。
でも、チョッピリ山の気分を味わえたと言っていたき嬉しいです。
これからも、よろしくお願いします
清兵衛
2012/10/20 12:36
「はるわか」さん、ありがとうございます。
ウェブリが重たい中、何回もアクセスいただき恐縮しております。
霧に包まれた様な・・・まさしく、今回はそんな山旅でした。ハラハラさせてしまいましたが無事に温泉にはいれました。
百名山の激励、感謝しております。
清兵衛
2012/10/20 12:40
「植木屋」さん、ありがとうございます。
ベランダ農夫さんが推奨だけあって和んでちょっぴりスパイスがあっていいブログですね!
山の花は可憐でカワイですが、どうしても名前を覚えるのが苦手で・・・
もっと山レポで紹介したいのですが?
清兵衛
2012/10/20 12:41
「山のまこまさ」さん、ありがとうございます。
初めてのアルプスが槍からスタートですか!凄〜い!
二日目の行程は少し強行だったかもしれません、山地図の迷走をリスクヘッジしてませんでした。
今年は、剣をやられたんですね!
おめでとうがざいます。
カニの縦ばいと横ばいは今、思い出しても足がすくみます。
「平湯の森」のレストラン「もみの木」安くて旨いですよ!
清兵衛
2012/10/20 12:45
「minocyan」、ありがとうございます。
リクエスに早速ブログにのせていただいたんですね!
感激です!
見ました!見ました!
山小屋と槍との間の雲の存在が何とも素晴らしいです。
ブログも終戦後の記事に入りましたね!
清兵衛
2012/10/20 12:47
「ベランダ農夫」さん、ありがとうございます。
やはり槍は素晴らしくもあり厳しい試練もありました。
高山での景色や花は平地とはちょっと違ったものがあります。
ベランダさんにお見せしたいのは、満天の星です。
もう少しカメラが良ければ撮影できたでしょうが残念です!
清兵衛
2012/10/20 12:51
「メロンパン」さん、ありがとうございます。
そうですよね!山の楽しみは下山後の温泉ですよ!
東北は凄〜い温泉天国ですから
早池峰・岩手は来年以降になりそうです。
清兵衛
2012/10/20 12:52
「miyo」さん、ありがとうございます。
山地図に迷走されましたが、幸い一本尾根だったのでコース判断は間違っていなかったです。
ランクルで平戸、お母さんお元気でしたね
故郷がロケ地になるって羨ましい!
高倉健の「あなたへ」の映画を見たくなりました。
清兵衛
2012/10/20 12:55
「みかん」さん、ありがとうございます。
時期は違いますが、槍平から槍を目指したなんて偶然ですね!
でも、3時間待ちとはビックリ頑張りましたね!
来年は、ぜひに笠ケ岳に!
笠新道は下りにコース設定された方がいいです。
清兵衛
2012/10/20 12:58
「TonTon」さん、ありがとうございます。
以前は、山歩きされてたんですね!
山は登っているときは大変ですけど、そのぶん喜びもいただけます。
平湯の森、大自然の中で本当に癒されますね!
晩秋と雪の季節、さらに趣がある温泉です。
山は抜きで、ゆっくり雪見風呂はいりにいきたいです。
清兵衛
2012/10/20 13:00
「さえ」さん、ありがとうございます。
確かに地図タイムは「さえ」さんの言われるように登りと下り、その人の歩行ペースで随分違うかもしれません
難攻の山稜は、その辺をもう少し研究するようです。
雲の平の山旅レポはいい記事でしたね!
参考にさせていただいて、来年は薬師と黒部吾郎めざします。
清兵衛
2012/10/20 13:01
百名山への挑戦素晴らしいですね。
私も20代には山歩き(槍・穂高・白馬・蝶ヶ岳・大滝山・朝日岳・八ヶ岳等)+スキー(八方尾根・岩岳・五竜・栂池)とアウトドアライフを楽しんでいましたが、近年はもっぱら農作業と旅行にはまっています。
体調に気を付け、百名山登頂達成に頑張って下さい。
毎日が日曜日
2012/10/23 18:44
ようこそ、岐阜県へ・・・ですね。
この夏、乗鞍スカイラインへ車で登山した私。
そこから 槍ヶ岳も笠ヶ岳もよ〜く見えたなぁ
すごい! とってもマネできんわぁ
でも遭難しなくてよかったよぅ
この夏も滑落事故、ニュースでよく報じてましたよ

うちの父ちゃん最近温泉に目覚めました
「平湯の森」すすめておきます!

そうそう 黒百合 乗鞍で見ました
幸せになれるかなぁ・・・?

ブログ休眠されるんですかぁ?
残念です 
ときには私のブログに遊びにきてくださいねぇ
柿ろん
2012/10/27 20:11
こんにちは!
何だか狐につままれたように思うのですが・・・?
西鎌尾根にそんなに時間がかかりましたか?
まっ、何はともあれ、ご無事で槍と笠に登れてよかったですね。
記事を拝見してますと、やたらと食事や休憩時間が長いように感じますが、それが清兵衛さんたちのスタイルですね。
山ちゃん
2012/10/28 14:22
こんにちは♪
山行レポ!ウキウキ・ワクワク・ハラハラ・ドキドキしながら拝見しました。
次記事では東北をたくさん紹介して下さって嬉しく思っています
ブログお休み中はすることが一杯ですね〜
風邪などひかないよう作業なさって下さいね♪
せんこ
2012/10/28 15:27
「毎日が日曜日」さん、ありがとうございます。
返信コメ遅くなりすいません
槍・穂にスキーとアウトドアの達人だったんですね!
百名山、ここまできたら勢いでいくしかなくなりましたが、終わったら菜園を中心にしようと思っています。
清兵衛
2012/10/28 19:08
「柿ろん」さん、ありがとうございます。
岐阜ですよね!
西鎌尾根で遭難していたら岐阜県警の救助ヘリにお世話になっちゃうところでした。(ホ!)
ご主人と是非に平湯の森に、いいですよ・・
ブログしばらく休みますが、再開したら訪問させてくださいね!
清兵衛
2012/10/28 19:10
「山ちゃん」、ありがとうございます。
健脚なやまちゃんに比べカメさん走法ですので、西鎌尾根はアップダウンがきつくまいりました。
三日目の双六山荘〜笠ケ岳は余裕があったので黒百合ベンチで1時間も休息を!
紅葉の時期、落ち葉を踏みながらの山行いいですね!
清兵衛
2012/10/28 19:12
「せんこ」さん、ありがとうございます。
ごめんなさい!ハラハラドキドキさせて!(笑い!)
晩秋は福島の温泉や、麺街道(山都+喜多方)を行きたいですが諸々忙しくなり残念です。
来年は会津が賑わいますね!
楽しみにしています。
清兵衛
2012/10/28 19:14
ビバーク寸前の山歩き、お疲れさまでした。私も昭文社地図を頼りにしていますが、2度ほど、記載の時間より余計にかかって憤慨したことがあります。最近は下りは慎重に歩いているので標準より余計にかかって当然と思っています。細かい体験談、レポートを楽しく読ませていただきました。有難うございます。
ヤンハー
2012/11/14 22:28
ヤンハーさん、ありがとうございます。
秋眠していまして返信遅れごめんなさい!
シニアは下りが苦手ですから、私も同様だかもしれません
山は来年まで一休み、冬は早朝のワンコ散歩でトレーニングします。
清兵衛
2012/12/01 10:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
百名山:槍ヶ岳〜笠ケ岳縦走(後半)遭難一歩手前! 清兵衛のモバイル生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる