清兵衛のモバイル生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 百名山:白馬岳(1/3):標高2100mの雲上温泉・白馬鑓温泉

<<   作成日時 : 2011/09/19 06:23   >>

ナイス ブログ気持玉 65 / トラックバック 1 / コメント 42

白馬鑓温泉小屋は、白馬鑓ヶ岳の中腹、標高日本一の天然湧出量(毎分760リットル)を誇る天空の雲上温泉です。

画像

日本百名山の80座目に、「白馬岳」を登ることにしました。白馬岳は人気の山です。混雑を避け夏休みが明けるのをジ〜ト待っていました。
それも、今月(9月)までに登らないと意味がありません

今回の山行の楽しみは、白馬鑓温泉小屋の天空の温泉でご来光を仰ぐことです。
白馬鑓温泉小屋は雪崩を避けるために今月(9月)解体され、来夏にまた再建される季節営業(7月中旬〜9月下旬)の山小屋です。

登山基地の猿倉から大雪渓を登り白馬岳を目指すコースがポピュラーですが、私達は逆コースで行くことにしました。

   1日目 猿倉荘  白馬鑓温泉小屋(宿泊)
   2日目 白馬鑓温泉小屋  白馬岳  (大雪渓)  猿倉荘 

画像
昭文社:山と高原地図拡大してご覧になれます。


このコース設定が、明日大変なことになるとは、この時は想像もできませんでした。

  アプローチ編 

前回の鳳凰三山と同じ、愛車「悪路」号でさいたま市(旧:大宮)を5:00に出発
 
 自宅 →川越IC(5:20)ー長野IC(8:30)→白馬村@猿倉荘(9:20)

鳳凰三山では、早出(2:00)し過ぎ睡眠不足でバテバテになったので山行にしてはユックリ目の出発でした。

白馬村に入ってから猿倉までの山林道路もオール舗装で、ダートに強い四駆「悪路」号の出番もなく登山基地「猿倉荘」に到着しました。

駐車場は河川敷に100台程留れる無料駐車場があります。平日なので1/3程度の駐車率です。

画像


 山行記(猿倉荘〜白馬鑓温泉小屋 

猿倉荘に登山届を出し、小屋の脇にある登山口を10:00に出発します。明日は白馬岳からここに下山します
ここから、白馬鑓温泉小屋まで5時間程かかるということで・・・
温泉に行くという軽い乗りではないようです

画像


林道を10分程歩くと、左端に「白馬鑓温泉小屋への」標識があります。
大雪渓ルートは直進しますが、左にはいります。
ここから鑓温泉まではひたすら杓子岳・白馬鑓ケ岳の山麓をトラバースするロングコースです。

画像


ブナの樹木帯を通り抜け、タケカンバの多い灌木帯をジグザグと登りながら高度を上げていきます。

画像


一本調子のつらい登りから、なだらかな草原につきました。所々の小さな湿原には盛りが過ぎた高山植物が見られます。

画像


コースの丁度中間地点の「小日向のコル」です。標識の後ろには湿原が拡がっています。

画像


「小日向のコル」からは、すこし下り道になり草原とガレ場の河原を交互にトラバースします。
道標「サンジェロ」で、行程は2/3来たようです。快調で歩行ペースも標準タイムより早めです。

画像


大きな沢を3か所渡ります。沢には木製の簡易な橋が架かっています。水しぶきをあげた急流の沢を渡るのはスリリングです

画像


木陰から小屋が見えて来ました。遠くですが目標が見えてくると俄然、元気が出てきます。

画像


ここから、お花畑の斜面が拡がっています。クルマユリをはじめとした様々な可憐な高山植物の宝庫です。

画像


斜面を、湯しぶきが流れ、湯気が立っています。硫黄の香りが〜いい臭いです。「かけ流しの温泉」がここまで流れているようです。
岩は硫黄成分で緑色になっています。

画像


 鑓温泉小屋の様子 

目の前に、「白馬鑓温泉小屋」が現れました。滝のようにドバドバ流れている川は天然温泉です。

聞いてはいましたが、想像外の熱々の湯量豊富な温泉に驚きです。

画像


登山道を見上げると、小屋にへばりついた露天風呂から、『お疲れ様〜!!』 労いの言葉がありました。辿りついた実感が湧いてきます。

画像


露天風呂の下に「足湯」もあります。無料です。

画像


小屋に上がる登山道の横に露店風呂が見えますが、裸が丸見えで豪快です。

画像

白馬鑓温泉小屋に14:20到着しました。
受付で宿泊届を記帳し、1泊2食の料金9000円/人×2を支払します

画像


小屋前の入り口付近は休憩場所(テラス)兼 乾燥室 兼 自炊場になっています。屋根付なので雨の日は助かると思います。
建物は雪崩を避けるために解体されるので組み立て・解体が容易な簡素な造りになっています。

画像


宿泊棟(1号棟)の正面です。真ん中がアルミ戸の入り口で左側に靴置き場があります。

画像


部屋は男女兼用相部屋で、二段ベッドの造りで大部屋(8人用)と小部屋(4・2人用)があります。
カーテンはありませんので、プライバシーは0%ですが開放感は100%です。

画像

今日はお客がすくないので8人用の囲いを二人で貸切です。最混雑期は1つのふとんに2人で寝るほど混雑することがあるそうです。

画像


 鑓温泉小屋の温泉案内 

部屋に荷物をおろし、早速お目当ての露天風呂に向かいます。

画像


混浴露天風呂に入浴時間の案内が
夜7時から8時まで女性専用になります。大丈夫です男性が入れます。

画像


眺望100%に開放度100%のの野生味溢れる露天風呂です。
混浴ながら勇気ある女性はいません
先ほど、露天風呂から、『お疲れ様〜!!』 労いの言葉をかけてくださった先客が長湯でまだ入っていました。開放感から親しくなり山と温泉の話に花が咲きます。

画像


小屋の真上からの写真ですが、混浴の露天風呂と女性の内風呂があります。テントサイトの上に足湯もあります。

 ・泉質 『 含硫黄-マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩泉 』
 ・源泉場は小屋裏。毎分760Lという驚きの湯量!
 ・飲むと甘く!鼻腔をつらぬく硫黄臭はあり!
 ・湯温は44〜50℃くらいでわりと熱め


画像


眺望が素晴らしい混浴の露天風呂で、日帰り湯としても開放されています。(300円)

画像


回りを壁で囲まれた女性専用風呂です。半屋根なので空が見えます。

画像


 夕食と就寝 

山小屋の夜は早いです。夕食は5:30に受付棟の食堂でいただきます。
今夜の宿泊客は10数名です。

画像


献立は、サバの味噌煮、から揚げ、シーチキンサラダetcで、ご飯と味噌汁はお替り自由です。山小屋にしては太っ腹です。

画像


食事を終え、部屋で就寝の準備をします。
枕もとで、モバイルルーター(DoCoMo)をセットすると、FOMA無線電波がしっかりキャッチされました。(アンテナ 3本)
こんな山奥で、インターネット(ブログetc)とメールが使えます。

画像


就寝前に、夕焼けの中、露天風呂に向かいます。
夕暮れに遠くの山並みを見ながら、硫黄の匂いのするかけ流しの湯に浸かる気分は最高です。維持管理されている小屋スタッフさんに感謝です。

画像


明日は100%晴天のようで、湯船につかりながらご来光を望むことができそうです。
ここは、自家発電のため消灯は9時です。

お寝みなさい

続く ⇒ 百名山:白馬岳(2/3):白馬鑓温泉から白馬岳山頂へ

後日談

H24.8.18(土)
TV東京 土用スペシャルで 「雲上の温泉」天空の宿へ〜にっぽん山小屋物語2〜で放映されました。

白馬岳「白馬鑓温泉小屋」
画像

出演者:梅宮アンナ&はるな愛

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 65
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「百名山:白馬岳(1/3):標高2100mの雲上温泉・白馬鑓温泉」について
「百名山:白馬岳(1/3):標高2100mの雲上温泉・白馬鑓温泉」について 山を、甘くみたあなたへ 仕事と、命 奥様 2者選択  仕事を選んだ。 ...続きを見る
メガネのない2次元なんて興味ありません。
2012/09/28 19:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(42件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。すっかり一緒に登った気分になりました。そしてお風呂も一緒に入った気分に--
確かに食事も豪勢ですね。小屋まで運ぶのも大変でしょうね。
行き当たりばったり
2011/09/19 09:11
清兵衛さんこんにちは
山で汗かいた後、温泉に入れるって最高の贅沢ですね。
おまけに露天風呂で夕焼けやご来光まで見られてお花畑もきれい、何度でも行きたくなりますでしょう?
実は私はまだ行ったことがないです。羨ましい。
かっちゃん
2011/09/19 15:45
豪快な温泉に入ったような気分に浸りました。
学生の時に白馬岳に登りましたが、このような温泉コースではありませんでした。
最高ですね。
アルクノ
2011/09/19 17:06
温泉は大好きなんですけど
こんな所に温泉があるんですね。
私はちょっとみてるだけでへたばりましたよ(笑)
でも登った後の壮大な景色を見ながらの温泉は贅沢ですね。
お疲れさまです。
食事も美味しそうですね。
keiko
2011/09/19 17:23
「行き当たりばったり」さん、ありがとうございます。
ご一緒に露天風呂に入浴気分嬉しいです。
いい湯でしょうか!
食料品はヘリコプターで吊り上げるようです。
たそがれ清兵衛
2011/09/19 23:27
「かっちゃん」さん、ありがとうございます。
ドクドクと流れるお湯の量に驚きました。
こんな山奥にかけ流しの天然温泉があるなんて!
狙い目は、9月です。
今年は10月1日に解体閉鎖のようです。
たそがれ清兵衛
2011/09/20 00:28
「アルクノ」さん、ありがとうございます。
白馬岳は猿倉から大雪渓を行くルートがポピュラーですので、このルートは10人中で1人位のレアーコースです。
温泉好きには、お奨めのコースなんですよ!
たそがれ清兵衛
2011/09/20 00:33
「keiko」さん、ありがとうございます。
ちょと、温泉に行くという軽い乗りではないコースですが、苦労して辿りついた山奥の秘湯は格別でした。
夕食も良かったですが、明日の朝食はビックリの献立でした。
たそがれ清兵衛
2011/09/20 00:41
・・・やっぱり混浴ですよね・・・。水着で入っちゃいけないんでしょうかねえ。このトシになっても恥ずかしいですからね。。。でもご来迎は見たし。
あ、私は写真で見せていただくだけでした。
すっかり一緒にいる気分になってました(笑)
黎明
2011/09/20 06:17
詳しいレポ助かります。
百名山は目指していませんが、そのうち白馬にもと思っていますが、コースが色々、小屋色々、人山盛りで、少なくとも清潔な小屋で一人一枚のふとんでゆっくり楽に歩きたいと思っています。
さてさて、どのコースが一番楽なんでしょうね。
花の時期はしっかりあきらめてはいるんですが・・・
さえ
2011/09/20 11:34
私は白馬の定番ルート・大雪渓から白馬、白馬三山、白馬鑓温泉でしたが、鑓温泉から猿倉までの下山コースが、ウンザリするほど遠かった記憶があります。この逆コースを良く登られたなあ!と感心するばかりです。 大変だっただけに露天風呂での夕焼けと御来光が素晴らしかったと思います。
ビデオ楽し
2011/09/20 11:58
100名山80座目ですか?
凄いですね〜
羨ましいです、自分もそんな趣味を持てたらどんなに人生が素晴らしい物になるのか!
自分もちょこっとだけ、ほんの少しだけ山歩きをした時期があったのですが、普段の不摂生と極度の運動不足から団体ツアーにさえ付いていけない体たらくになってしまいました・・・

富士山を2度登った事があると言っても、いまでは誰も信じてくれません

雲上の露天風呂はきっと最高でしょうね〜
夕焼けを眺めながら、あるいはご来光を眺めながらなんて、想像しただけでもワクワクしますね〜

とっちゃん
2011/09/20 18:04
こんばんは。
山登りは一度も経験がないのですが、素晴らしいのでしょうね。途中、大変そうなのは文章からもうかがえますが、こんな所の露店風呂は最高でしょうね!なんの恥じらいもなく平気ではいってしまえそうです(笑)
お花畑の花たちも、登山途中の疲れをいやしてくれるんでしょうね。
根性がないのでなかなか・・・ですが、友人に軽いトレッキングをしにいこうと誘われているので、ちょっとワクワクしています♪私も山の魅力にハマってしまったりして
続きを楽しみにしています♪
桜子
2011/09/20 21:06
あらー、また山ですか(笑)。元気ですねえ。
でも、羨ましいですね。露天風呂からご来光とは。
それにしてもこんな高い山の上に温泉があるなんてすごいですね。
ヒゲおやじ
2011/09/20 23:02
こんにちは〜
一度は行ってみたいと思ってはいるのですが
白馬鑓温泉へのアプローチを考えるとなかなか勇気が出ません。
7時〜8時の女性専用タイムですが
露天風呂自体がとっても開放的なロケーションですよね。
暗いので外から見えないんでしょうね。。。(*^^)
mikko
2011/09/21 00:06
毎分760リットルだなんて凄い湧出量ですね。山肌を流れる温泉がもったいなく思えます。
露天風呂からの眺めがまた絶景ですね!こんな景色を明るいうちに拝めるのなら,勇気を振り絞って女性でも混浴に入る価値がありそうですね!
金熊
2011/09/21 09:23
「黎明」さん、ありがとうございます。
最近は、女性優遇の温泉旅館が多くなりましたが
ここは、男性天国です。
建前は男女平等「混浴」って言ってますが、現実は?
明日のご来光は、もっと驚く男性天国の写真ご覧になれますよ!
たそがれ清兵衛
2011/09/21 18:07
「さえ」さん、ありがとうございます。
白馬岳ほど、登山ルート&山小屋を研究した山はありません
最後に「お奨め登山ルート」の私観を述べますが、この登山コースは10人中1人しかいかないルートです。
驚く結論です。
たそがれ清兵衛
2011/09/21 18:13
「ビデオ楽し」さん、ありがとうございます。
白馬岳の定番ルートは大雪渓から白馬→白馬三山→白馬鑓温泉→猿倉ですよね!
今回の逆ルートは数年前から研究していました。
「天空の温泉」の副テーマを加味した場合、このルートを選びました。
結果は最終回(3/3)で総括予定です。
たそがれ清兵衛
2011/09/21 18:20
「とっちゃん」ありがとうございます。
え〜富士山二回登られたんですか!凄〜い!
清兵衛は富士山まだなんですよ!
旨いもの巡り旅、いつもお拝見していて清兵衛よりバイタリテl−あるって感心しているんですよ!
実は、百名山は禁煙をきっかけに始めたんですよ!
いつか記事にしようと思っていますが
そうそう、明日の朝食ビックリする献立があったんですよ
たそがれ清兵衛
2011/09/21 18:26
「桜子」さん、ありがとうございます。
苦労した者に、与えられる「雲上の温泉」だったかもしれません!
トレッキングに誘われてるんですね〜♪
これからの紅葉シーズンいいですよ
はまっちゃたらどうしましょうか(笑い)
白馬岳でも、すてきな「山ガール」に沢山お会いしました。
たそがれ清兵衛
2011/09/21 18:32
「ヒゲおやじ」さん、ありがとうございます。
師匠に訪問していただきなんて光栄で〜す。
こんな、山奥にドクドクと流れるかけ流しの天然温泉があるなんて本当に驚きました。
秋野菜(水菜・高菜・ほうれん草)の一番蒔き、暑さで発芽率50%以下でした。
真似ができないのが、秋冬野菜の辛さです。(笑い)
たそがれ清兵衛
2011/09/21 18:39
「mikko」さん、ありがとうございます。
白馬岳の登山ルート悩みますよね!
今回は「雲上の温泉」をテーマにしましたので、希少な登山ルートにいなりました。
色々ありましたが、最後(3/3)に総括する予定です。
露天風呂は開放度がありますが、脱衣所よりの場所は視界が遮断されるので大丈夫ですよ!
妻は、7〜8時に女性同士誘いあって入浴しちました。
朝も6〜7時は女性専用になります。
たそがれ清兵衛
2011/09/21 18:47
「金熊」さん、ありがとうございます。
ドクドクと川のように流れちゃっています。
本当にもったいないですよね!
私も金熊さんと同じこと考えています。
もし女性だったら、山登りの汗を混浴でも構わなく飛び込んじゃいます。(笑い)
たそがれ清兵衛
2011/09/21 18:54
こんばんは

白馬岳に温泉ですか〜 いいな〜

岩手にも標高1500m東北最高の籐七温泉がありますが日本最高の温泉は流石ですね。
5時間掛けて歩いても行く価値は有りですね。

ところで素朴な疑問ですが<ユッタリと温泉に浸かり歩いて下山した際の汗は何処で流したらよいのでしょう?(笑い


雪山
2011/09/21 23:29
おはようございます!
最高ですね!この温泉は!未だ行ったことがないのです。
最後の写真など、素晴らしい!自分の目でいつか必ず見ます。
「ご来光」記事を楽しみにしています。
本読みと山歩き
2011/09/22 07:32
ここは素晴らしい所ですね〜
痒いところに手の届くような解説で、私も行った気分になれました。
いつかは行ってみたいです。
ご飯が妙に美味しそうに見えます
おばちゃん
2011/09/22 09:47
自分自身も体を壊してタバコをすっぱり止めました!
その頃と同時期に先輩2人、同級生、後輩と次々に亡くしたのをきっかけに人生観が変わったと言いましょうか(カッコよく言うと)海外を含め旅行をたくさんするようになりました!
以前はほとんど有給なんか使いませんでしたが、今ではほとんど残さず使っています

前置きが長くなりましたが、タバコを止めてからブクブク太ってしまいました・・・

もう一度山歩きしたいと思っているんですが、ついつい安易なツアーで満足しちゃっています・・・
とっちゃん
2011/09/22 11:52
こんにちは☆
「そうそう、ここはこんな風景だったよね〜」なんて思いながらブログを拝見させていただきました。^^

ドコモはアンテナ3本だったのに我がソフトバンクは圏外・・・。実力の差を痛感しました。。。

ドバドバと流れる廃湯で雪渓にぽっかり穴があいている光景がとても印象的☆
う〜ん、やっぱりまた訪れたい良泉です♪♪♪


コース設定の悲劇、気になります〜。^^;
まぁこ☆
URL
2011/09/22 14:00
「雪山」さん、ありがとうございます。
籐七温泉懐かしいです。
八幡平の下山に汗を流しました。眺望度100%の温泉でした。
東北は、秋の気配が早いでしょうね!
汗をかいた下山後は〜 また
でしょうか!
たそがれ清兵衛
2011/09/22 20:50
「本読みと山歩き」さん、ありがとうございます。
「天空の温泉」「雲上の温泉」とか言われ、大人の隠れ家なんかの癒し系の雑誌には出てきます。
是非、おでかけください
たそがれ清兵衛
2011/09/22 20:55
「おばちゃん」ありがとうございます。
詳細過ぎたレポート、お時間をいただきありがとうございました。
山で食べるご飯旨いですよね!
明日の朝食はビックリします。
たそがれ清兵衛
2011/09/22 20:58
「とっちゃん」ありがとうございます。
ヘビースモーカーで60本吸っていたんですよ!
止めると太ると聞いていたので、運動のため始めた百名山です。
ただ登るだけではつまらないので、温泉とかグルメとか副題をプラスしています。
たそがれ清兵衛
2011/09/22 21:04
「まぁこ☆」さん、ありがとうございます。
素敵なブログ楽しませていただきました。
FC2とウェブリブログの交流って革命的ですね!
「モバイル生活」ってブログ名つけていますので電波にはこだわっているんですよ!(笑い)
素敵な温泉体験レポ紹介させて下さいね!
たそがれ清兵衛
2011/09/22 21:11
山の上で入る温泉は格別でしょうねぇ ♪
徳さんも久住山の法華院温泉の露天風呂に
入って愉しんだ経験があります。
夕陽を眺めながら入ってみたいですねぇ。
ログの大好きな徳さん
2011/09/23 19:02
「ログの大好きな徳」さん、ありがとうございます。
山のいで湯は、山好き&温泉好きにはたまらないです。
九重山に行った時、法華院温泉の露天風呂入りました。
白濁の湯は最高でしたね!
たそがれ清兵衛
2011/09/23 19:10
たそがれ清兵衛さん、
今晩は!

日本百名山に挑戦中、頑張って下さい。
白馬鑓温泉は、8月に素通りしましたが、一度はゆっくり泊ってみたい温泉です。
白馬三山は日帰りも可能ですから、挑戦してみました。
http://19511727.at.webry.info/201108/article_3.html
山ちゃん
2011/09/26 21:51
「山ちゃん」、ありがとうございます。
白馬三山の日帰りにはビックリしました。
本当に健脚なんですね!
槍ケ岳の日帰りの記事も楽しみにしています。
たそがれ清兵衛
2011/09/27 18:47
白馬鑓温泉いいですね。(^^)
今年こそ行きたいと思いながら結局いけず(涙)
その代わり蓮華温泉に行ってきました。
zen
2011/10/14 00:25
「ZEN」さん、ありがとうございます。
蓮華温泉に行かれたのですか
こちらも、高所温泉ランキングに入っていますね!
いつかは行ってみたいです。
たそがれ清兵衛
2011/10/14 16:36
お久しぶりです。ようやくこちらのブログを訪問させていただくことができました。

先日たそがれ清兵衛様とお会いした本沢温泉が標高2150メートルで、こちらの白馬鑓温泉も標高2000メートルを超えた場所にあるんですね。ココの温泉にもいずれは行ってみたいと思っていましたので、非常に参考になる情報をいただきありがとうございます!
夕日が綺麗でインターネットも接続できてイイ場所ですね!

恐れ入りますが、たそがれ清兵衛様のブログとリンクを貼らせていただきたいと思いますが、よろしいでしょうか?

ブログも訪問する方が観やすいように工夫していらっしゃいますし、家庭菜園やグルメのことなど楽しい内容ですね。また訪問させていただきます。
山のまこまさ
2011/10/23 22:59
「山のまこまさ」さん、ありがとうございます。
嬉しいですね!
山でお会いした方からこうしてコメント頂けるなんて
白馬鑓温泉の湯量ビックリされたでしょう!
露天に浸かりながら見た遠景の山並みは今でも鮮やかな記憶に残っています。
是非ご夫婦で入浴して堪能ください!(笑い)
こんな拙いブログでよろしければ、どうぞリンクお貼りください。
たそがれ清兵衛
2011/10/24 20:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
百名山:白馬岳(1/3):標高2100mの雲上温泉・白馬鑓温泉 清兵衛のモバイル生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる